カレンダー
最新の記事
カテゴリ
月別アーカイブ

日時:2019.04.23 (火)|カテゴリー:




みなさんこんにちは。

フランス料理の食材には旬がないと思われがちで、特にお肉料理は、季節感すらないように言われます。

ですが、実はそうでもなく、春から夏にかけて美味しいのが『仔牛』なんだそうです!!

今日はそんな旬の一皿をご紹介なんです。

image1.jpeg

『仔牛のブランケット』

ブランケットとは、肉を出汁や香味野菜と共に煮て、小麦粉や生クリーム、バターで味付けしたものの事なんです!

クリームシチューに似たようなお料理ですね。

まさに、ビストロ料理って感じの逸品で、リースリングやちょっと樽熟したようなシャルドネと合わせてみたりはいかがでしょう♬

日時:2019.04.23 (火)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

北海道にも桜前線が上陸したそうで、もう春が来たといってもいい感じですね♬

平成も残りわずかで、そして前例のないGW10連休がやってきます。

いろいろ不安な点もありますが、ワインビストロ晴はGWも一部営業しております。

 

休業日をご確認の上、GWのご予約をお問い合わせお待ち申し上げます。

 

4月28日(日)  お休み

4月29日(月)  営業

4月30日(火)  営業

5月1日(水)   営業

5月2日(木)   営業

5月3日(金)   営業

5月4日(土)   営業

5月5日(日)   営業

5月6日(月)   お休み

5月7日(火)   お休み

 

GW前後の営業予定日のご案内です。

何卒ご査収くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

 

日時:2019.04.17 (水)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

本日と明日と20度超えという予想気温らしく、北海道ではすでに夏日を計測した場所もあるそうです。

でも、週末はまた元に戻るので、寒暖差が激しく体調管理には要注意ですね。。

まもなく、GWということで月末くらいから考えていたのですが、急遽気温も上昇しましたので、前倒しでご用命頂いておりましたスペシャルワインをグラス販売いたします!!

サンセール.jpeg

『ドメーヌ フランク エ ジャン フランソワ バイィ サンセール ブラン "シャヴィニョール"』

昨年もご好評いただいたロワールを代表するソーヴィニヨン・ブラン種のサンセール ブランをグラス販売いたします!

世界の辛口白ワインの代表と言えば、おそらく皆さんブルーゴーニュのシャブリとお応えする方が大方と思いますが、そのシャブリと双璧とされるのが実はこのサンセールなんです♬

海外の方は、このサンセールを好まれる方の方が多いような気がしますね~

暑くなると飲みたくなる、キリッとしたミネラル感はシャブリ同様で、お料理と合わせる分には個人的にはサンセールの方がおススメですよ!!

 

日時:2019.04.06 (土)|カテゴリー:




みなさんこんにちは。

今週の札幌は、春かと思いきや吹雪いたりと、なかなか季節の節目で天候不順が続いております。

それでも、日中の気温は体感でも大分暖かく感じられるようになってまいりましたね~

ただ、ビル風にさらされると、これまた寒いので、スプリングコートはしばしお預けです。

GWの桜の時期が待ち遠しい限りです!

 

さて、今日はワインも春らしく、チャーミングなニュージーランドのピノ・ノワールをおススメ致します♬

ぺんかろう.jpg

『パリサー エステート ペンカロウ ピノ・ノワール』

フレンチオークで12ヵ月熟成したパリサーエステートのセカンドラベルになります。

充実した果実味と繊細なタンニン、そしてそのバランスの良さは素晴らしいです!

赤系・黒系果実のアロマとエキゾチックでスパイシーな香りもあり、チャーミングでフレッシュ。後味に、ほんのりと甘みがあり、樽の雰囲気も感じられニュージーランドらしいピノ・ノワールなんです。

また、時間とともにさらにまとまって良くなっていく、上品かつ主張のあるピノ・ノワールは是非飲んでいただきたいですね♬

日時:2019.04.05 (金)|カテゴリー:




みなさんこんにちは。

私も大好きなヤリイカがようやく入荷しました!!

刺身でも、焼いても、煮ても美味しいヤリイカを、今回は見た目も春らしいシンプルなグリルにしてご用意しております。

ビールや白やロゼワインでも合いそうですね~

やりいか.jpeg

芳ばしく焼き上げて、かつ柔らかいヤリイカはお酒のおともにもぴったりですよね♬

日時:2019.04.05 (金)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

TVで取り上げられて、すでに巷では流行の兆しがあるバスク風チーズケーキを、晴でも手作りでご用意しております!

ベイクドとレアチーズの良い所どりのような、やみつきになる愛情たっぷりデセールを是非ご賞味ください。

バス地.jpeg

バスク地方のサン・セバスチャンにある老舗レストラン『ラ ビーニャ』が、このケーキのパイオニアなんです。

チーズをたっぷりとつかった濃厚チーズケーキは、もはやバスク地方で当たり前となっているようですね~

 

日時:2019.04.04 (木)|カテゴリー:




みなさんこんにちは。

新年度を迎え、そして新元号も定まり、あたらしい時代を迎える1カ月間となりそうです。

そうこうすると、すぐにGWがやってきてしまうので、今年度やりたい事は早いうちに決めてしまいたいものです!

今日は旬の食材が届きましたので、春らしい逸品をご紹介いたします。

 

 

サクラマス.jpeg

『桜鱒のポワレ 浅利と菜花のバーニャカウダーソース』

 

もうそんな時期なんですね。。。と思わせる桜鱒!

桜鱒とは鮭の仲間で9~12月に生まれた卵は川底で冬を越し、翌年春に孵化します。

稚魚は1~2年川の上流で暮らしますが、その後海へ下るものと、そのまま川に残るものに分かれるそうです。

川に残るものが『ヤマメ』と呼ばれ、海へ下るものが『桜鱒』と呼ばれます。

この2つは、姿かたちも全く違ったものになり、海へ下った桜鱒は約1年後、生まれた川に戻ってくるそうです。

そして、戻ってくる時期が桜の咲く頃であること、あるいは身肉の色が桜色であることから『桜鱒』と呼ばれるようになったそうですね~

 

なんにしても、北海道には一足早い春を感じさせてくれる食材に感謝しながら、本日のメインにいかがでしょう♬

日時:2019.03.20 (水)|カテゴリー:




みなさんこんにちは。

前回のカリフォルニアワインフェアだったのですが、あまりのご好評につき、即完してしまい大変ご迷惑をお掛けしました。

少々値の張るグラスワインでしたが、素晴らしい味わいに感動頂きつつ、おかわりも頂き、有難うございます。

毎度出来る企画ではないのですが、年度末ということでしたのでお祝いワインにして頂けたら幸いです♬

 

なお、お客様からのアンコールにお応えしまして、別のカリフォルニアワインをご用意しましたので、本日よりバイザグラスでご提供いたします!グラスワインとしてはなかなか味わう事の出来ない、ワンランク上の味わいをお愉しみください。。

カリフォルニア2.jpeg

『オリン スウィフト マネキン ホワイトブレンド カリフォルニア』(左)

『セニス バイ ヴェリテ レッドワイン ソノマ カウンティ』(右)

 

白ワインは、すっかり著名なオリン スウィフトが手掛ける珍しいブレンドワインです!

シャルドネ種をベースに、ローヌ品種を幾つかブレンドして造る、複雑で果実味のあるカリフォルニアらしい味わいです。

 

赤ワインは、女性醸造家が手掛けるこれまた珍しいカベルネ・フラン種が主体の芸術的なワインです。

ハーブ香と果実のアロマ、ミネラル感が重層的な味わいを感じさせます♬

 

いずれのワインも単体でも充分に美味しいですが、お料理と合わせて頂いても一層美味しく感じらると思います。

いろいろと組み合わせを試して、自分だけのマリアージュを見つけてみてくださいね♪

日時:2019.03.15 (金)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

昨日は、アスファルトが再び一面雪模様だったのには驚きましたが、よく考えればまだ3月なんですよね。

春気分でいましたが、北海道的にはまだ冬でした。。。

しかし、今日も出勤ながら卒業式らしい親子を見て、なんだかやはり春かなと感じました。

何かとお祝いの席もあるかと思いますので、今日は珍しくカリフォルニアワインを数量限定にてご用意します!!

カリフォルニア.jpeg

本日より、数量限定にてグラスワインにて用意いたします!!

中々、お飲みいただく機会の少ないワインなので、是非ご賞味いただければと思います。

なお、希少ワインにつき完売時は何卒ご了承願います。

日時:2019.03.13 (水)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

いやいやまさかの降雪で、春までは足踏みといったところでしょうか?

スプリングコートを着るにも、タイヤ交換も時期尚早なんでしょうね。

今日はこんな冷え込む日に、ピッタリの煮込み料理をご紹介なんです。

ナバラン.jpeg

『ラムスペアリブの柔らか煮込み ナバラン風』

ナバランとは、羊肉を炒め野菜とともに煮込んだ料理の事なんです。

この料理の由来には2つの説があるそうで、

1.ナヴァリノの回線に関わっている説

2.フランス語でnavetというカブという野菜が使われている説

 

カブはフランスでは比較的手に入れやすい食材のようで、羊肉の煮込み料理の付け合せとしてはよくあるそうです。

羊肉の方ではなく、付け合せの野菜名の方が料理名になっているのは不思議ですが、なんだか信憑性のある説ですよね~

 

本場フランスでは、ナバラン・プランタニエールという料理があるのご馳走として食されているようで、プランタニエールとは春野菜という意味で、ちょっと北海道では気が早いですけど一足先にある気分でいかがでしょうか♬