日時:2017.04.26 (水)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

だんだんスプリングコートを着ている方も多くなりましたが、それでも簡単に暖かくならないのが北海道ってところでしょうかね。

昼夜の寒暖差があるので、気を付けて頂きたいです。

今日は、お客様からリクエストがありました小麦で造るヴァイスビールの黒が入荷しましたので、ご紹介したいと思います。

erdingerdunkel.jpg

『エルディンガー ヴァイス ドゥンケル』

エルディンガー・ヴァイス醸造所はドイツで最も規模の大きなヴァイツェンの醸造所で、1886年にヨハン・キエンル氏により設立されました。
この醸造所は1930年に買収され、1935年からはフランツ・ブロンバッハ氏がこの醸造所を継ぎ、1949年に改名され、現在のエルディンガー・ヴァイス醸造所という名前になりました。

現在は観光地にもなっており、醸造所内にパブやホテルなどの宿泊施設も完備されています。


独特の強い香りと、濃厚で甘い味が特徴のビール。

小麦の甘みに、香ばしい風味と苦みが混ざり合ったどっしりとした飲み応えが特徴で、後味はクリーミーです。

飲み応えがあるので、軽いおつまみでビール自体を楽しむのがおすすめの飲み方ですね♬

 

こちらのビールは、メーカーさんも次回入荷が未定ということですので、当店には今回のみ限定入荷となります!

数に限りがありますので、ドイツのヴァイス黒ビールに興味のある方は、是非ご賞味いただきたいです。。。


 

日時:2017.04.15 (土)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

今日は春らしく、食欲のそそるスパゲッティのご紹介です。

ほたるいかsぱ.JPG

『ホタルイカと菜花のスパゲッティ ペペロンチーニ』

旬のホタルイカには、強い抗酸化作用で知られるビタミンEが多く、生活習慣病の予防にいいそうです。

また、タウリンが豊富なので、肝機能を高める働きがあり、お酒をよく飲む方にはおススメの逸品ですね♬

 

やはり、合わせるならキリッとした白ワインはいかがでしょう~

今週から、ロワールワインフェアーも実施しておりますので、こちらも合わせて是非ご賞味ください!!

日時:2017.04.08 (土)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

なんだか一気に春らしい気温というわけにはいかない北海道ですが、それでも食材は旬のものが届き始めております。。

今日は、そんな中から旬魚のポワソンをご紹介いたします♬

かながしら.JPG

『小樽産 かながしらのソテー ソースブイヤベース リゾット添え』

カナガシラはカサゴ目ホウボウ科の魚で、ホウボウと同じ仲間にあたります。

寒い時期のかながしらは脂がのり、白身に歯ごたえもあり美味しいんです!!

 

長崎県ではかながしらの名が『お金が貯まる』に通じるとされ、節分に食べる風習があるそうです。。。

やはりここは辛口白ワインやロゼワインと合わせてみるのがおススメですね♬

日時:2017.04.06 (木)|カテゴリー:




みなさんこんにちは。

いよいよ春らしくなってきました。

ワインビストロ晴も、春のワイン&ビストロ料理をごよういしております。

まずは、今年早々に企画しておりましたフランスはロワール地方にピックアップしたワインフェアーを予定しております!!

ロワール.JPG

いろいろお客様から、ご要望を頂戴しながら、まずは3本にしぼりこみました。

春らしい白ワインは、ヴーヴレーとトゥーレーヌのソーヴィニヨンブラン、赤ワインはシノンですね~♬

 

『マルク ブレディフ ヴーヴレ'15』

こちらのキュヴェは、優しい甘みと柔らかな果実味が広がる中甘口使用です。かりんや蜂蜜、そしてやや紅茶のニュアンスも感じられる香りが漂います。口にすると、しっかり熟したリンゴを頬張っているような果実味が感じられ、柔らかでバランスも良く、余韻は長く続きます。

軸のある酸のおかげでべたつく甘みはなく、キリッと冷やすとエスニック系のピリカラ料理に好相性ですよ!

 

『ドメーヌ ジャン フランソワ メリオー トゥーレーヌ ソーヴィニヨン ラルパン デ ヴァードン'15』

仏の評価誌クラスマンで「才能がありエネルギッシュ」と評される、ロワールの若手生産者。白桃やライチ等の白い果実を想わせる風味で、ボディと新鮮な酸味、ミネラルのバランスも良いんです!!

 

自然派リュット・レゾネで造られたロワール・ソーヴィニヨンブラン100%です。ミネラル感とフルーティーな柑橘系の味わいが前面に出た酸が特徴の辛口白ワインは、ロワールのグレートヴィンテージです!!

 

『ベアトリス パスカル ランベール シノン ルージュ レ ペルーシュ'10』

ロワール、シノンの大御所パスカル・ランベールのワインが極少で入荷しました。今回入荷分で、インポーターさんも完売という事なので今回のみとなりますのでご了承ください。。。

 

濃い紫色の色調。腐葉土や火打石=シレックスの香りの後にスミレの花の香りがジュワ-っと上がってきます。
心地よい収斂性のある口当たりに熟したカシスのふくらみ、ほのかな塩味と甘みが複雑に織り交じっていて...ワインだけでたのしむよりも料理と合わせて飲みたくなる味わいなんです♬

 

ロワールのワインは、いずれも自然派と呼ばれるタイプが多い地域ですね~

そのため、生産量も限られており、いずれのワインも需要に追い付かないのがフランス本国でもあるそうですよ。

今回の上記3種のワインも、次回入荷が出来ないアイテムもあるので、是非この機会にお試しいただければと思います♬


日時:2017.04.06 (木)|カテゴリー:平下の雑談




お客様 各位

 

平素は格別のお引き立て賜り誠に有難うございます。

誠に勝手ながら、下記日時は臨時休業とさせていただきたく、何卒ご了承願います。

なお、ご予約等のお問い合わせに尽きましても、翌日営業日にお願い申し上げます。

 

4月9日(日)

4月16日(日)

4月23日(日)

4月30日(日)

 

大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご査収くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

日時:2017.04.05 (水)|カテゴリー:




みなさんこんにちは。

今日は札幌の最高気温が15度という、にわかに信じがたい予想気温です。

すっかり小春日和となり、雪解けも進みそうですね~

それでもちょっと肌寒いのが、さすが北海道と言いますか。。。

そんなときに、ちょっと温まる優しいブランケット・ド・ヴォーはいかがでしょうか♬

仔牛.JPG

『仔牛のクリーム煮 春野菜と』

フランス家庭料理の定番メニューのひとつ!
日本の肉じゃががおふくろの味なら、ブランケット・ド・ヴォーはフランスママンの味だそうです!!
美味しそうな香りと幸せいっぱいな気持ちになれる料理ですよ。

 ちょっと珍しいモルドバ産のリースリングと合わせてみたりなんていかがでしょうか~♬

日時:2017.04.04 (火)|カテゴリー:平下の雑談




平素は格別のお引き立てを賜り誠に有難うございます。

 

さて、4月5日(水)の営業時間についてのご連絡させていただきます。

 

誠に恐れ入りますが社員研修の為、ラストオーダー22:00とさせていただきますので、何卒ご了承願います。

ご予約等のお問い合わせに尽きましても、深夜帯は対応しかねますので翌日以降で宜しくお願い申し上げます。

 

誠になっかてながら、何卒ご査収くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

日時:2017.04.04 (火)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

新年度も何卒宜しくお願い申し上げます。

4月も一部バイザグラスを入れ替え、新しい春らしいワインをご用意いたしました!!

しろ.JPG

まずは左から白ワインの紹介からさせていただきます。

『ベルターニ ソアーヴェ セレオーレ』(イタリア)

英国ジョージ6世の戴冠式の晩餐会でも使われた歴史深い、フレッシュでほろ苦いコクあり辛口です

『アスコニ エクセプショナル リースリング』(モルドバ)

熟した白桃や柑橘系の爽やかな香りと、透明感のある果実味ある口当たり

『ベニート サントス  ゴデーリョ』(スペイン)

複雑なアロマを持ち、ミネラルに富んだ珍しい葡萄はシルキーでクリーミー やはりエチケットに合わせて魚料理ですかね。。

『シモネ フェブリ シャブリ』(フランス)

フレッシュで花のようなアロマと快活な洗練されたブルゴーニュのシャルドネは、ご要望にお応えして満を持してのご紹介です

 

あか.JPG

赤ワインは2本入れ替えなんです。

『アシュトンケルダー ルーデワル』(南アフリカ)

シラー種・ピノタージュ種・カベルネソーヴィニヨン種・ルビーカベルネ種のセパージュで、フレンチオークで16~18ヵ月熟成した凝縮された果実味を感じるワインです。南アフリカの美味しさを感じて頂きたい1本ですね♬

『ガロフォリ ピアンガルダ ロッソ コーネロ』(イタリア)

一般的なコーネロ・ロッソはサンジョヴェーゼ種などを混醸するのに対し、このビアンガルダはモンテプルチアーノ種100%なんです。1年間樽熟成したワインは、熟れた果実やプラム、カカオなどの複雑でリッチな芳香が香り、タンニンがしっかりしていながらほど良く洗練された、ドライで風味の良いソフトな味わいです。

 

以上が4月からの新しいバイザグラスです。料理と合わせて、是非ご賞味ください♪

 

日時:2017.03.24 (金)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

珍しいシリーズではないのですが、偶然チリでジンファンデル100%かつオーク1年熟成という美味しいワインを見つけたので、本日より数量限定にてグラス販売いたします。

なお、総生産量が19,532本というわずかな本数の為、次回入荷できるかはわかりませんので、是非この機会にご賞味ください♬

 

みらまん.JPG

『ミラマン ジンファンデル リミテッド リザーヴ』

アメリカンオークとフレンチオークで1年の熟成を経たワインは、豊かでスパイシーなワインとなっており、レーズンやドライフルーツのような含みをもち、バランスが良くエレガントな風味なんです!!

酸味も穏やかなので、様々料理との相性も良いですが、ワイン単体が美味しいので是非ご堪能頂きたいですね~

 

入荷本数がごくわずかの為、こちらのワインはバイザグラスのみとさせていただきます。

完売時は何卒ご了承願います。。

日時:2017.03.18 (土)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

段々ご要望にお応えさせて頂くに連れ、なんだかマニアックなワインを探したくなる日々を送っています。。。

今回はオーストラリアで珍しい品種を見つけましたので、グラスワインにてご紹介しておりますよ♬

どぅりふ.JPG

『デ ボルトリ ワインズ ディーン デュリフ』

ドリフではないですよ(笑)

シラー種とプルールサン種の交配種らしいデュリフ種のオーストラリア特有のワインです。

遺伝子的には、アメリカで生産されるプティシラー種と同じようですね!

 樽感と、黒い果実にシダーの香り。。いろんな香りが次々と鼻を通って行きます。 味は深みのある黒い味わいと、まろやかなタンニン。

ミディアムな感じながら、食事と合わせるにも◎

食後にゆっくりゴルゴンゾーラと合わせながらでもいいかもしれませんね~♬

 

これまでにもご紹介したことのなかったワインのタイプですので、是非お試し頂ければと思います。

意外とクセになる味わいですよ!!!