日時:2014.03.28 (金)|カテゴリー:平下の雑談




3月ラストの週末、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

4月からはいろいろ変化することが多いことかと思います。

とくに新社会人の皆様は、自分の事を振り返ってみると、慣れるまでは

なかなか大変だったことを想い出します。

 

そんな時は、自分は大抵美味しい食事と、旨いお酒を飲みながら、友人

達と語り合ったものです。今となっては、すっかり若かりし思い出ですね。

 

[今日の雑談]

とくに一人暮らしの場合は、安売りしてたからつい大量に買ってしまった
けど、食べきれずに腐らせてしまったり、結果損したりなんてことありませ
んか?

そんなとき、食材の無駄をなくす保存方法を知っていればもっと有効にな
ると思います。

生ものは、新鮮なうちに冷凍するのが一番です。急速冷凍すれば味は落
ちにくいです。それには、一度に使う量で小分けにして、空気をしっかり抜
いてラッピングしたら、熱伝導率の高いアルミのトレイにのせて、周りに保
冷材を置いてフリーザーに入れます。そうすることで、細菌が繁殖できない
ので有効な保存方法といえます。

パンを常温で長期保存するには、密閉できる容器に入れて、消毒用のアル
コールを浸した紙を側に入れておきます。大抵2週間も経てばカビてくるパ
ンが、これだけでまったく変化もせず保存できます。

りんご、バナナは、野菜と一緒に保存してはいけないのはご存知でしたか?
これは、エチレンガス(熟成ホルモン)を出す為に、果実を熟成させるにはい
いのですが、野菜などは鮮度が早く落ちてしまいます。

お米は、精米せずに玄米のまま冷凍庫に入れると、数年は美味しく食べられ
るそうです。

卵は、とがった方を下にすると長持ちする。

泥つきの葱は、泥を洗わずにそのまま、風通しのよい場所に立てて保存するか、
土の中に埋めておいてもよいそうです。
使いかけはラップに包み、根の部分を下にして冷蔵庫の野菜室に立てて保存
するといたみにくくなります。

ちょっとしたひと手間は掛かりますが、鮮度と美味しさの維持にはそれなりの方
法を知る必要がありそうです。
他にも、いろいろあるかと思いますが、まずはつい買いがちなものを紹介しました。

日時:2014.03.25 (火)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

ご卒業や、送別会などがそろそろ落ち着き、新年度を迎えるに当たり何かと

慌ただしいかと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。

何かとこの時期は、お祝いの席になることが多いかと思いますがそんな時に

オススメの1本を紹介したいと思います。

 

51-nv-179-0027.jpg

 

黄金のシャルドネでつくられる≪JAL国際線ファーストクラス・ラウンジ≫で採用されています

アルプス・スパークリングがおススメ!!

『王家の真珠』という名のつく黄金シャルドネの爽快なる口当たりは最高のアペリティフです。

ルイ14世、オーストリア宰相、メッテルニヒ候ら世界のロイヤルファミリーの饗宴に華を添えて

きたフランス・ジュラのスパークリング。

きりりと爽快な辛口で、繊細な泡立ちとフレッシュな果実感にあふれる味わいは、お祝いの席

にはぴったりです。

数に限りがございますので、必ず飲みたい方は事前にご予約・お問い合わせをおねがいしま

す。

 

 

日時:2014.03.18 (火)|カテゴリー:平下の雑談




今日は天候がすぐれませんが、春の雨となることを祈りたいと思います!

新年度より、新しいメニューに変わる頃合いになってまいりましたので、最近の人気

メニュートピックをしてみます。

 

2014-03-09-17-22-10_deco.jpg

当店自慢のツブ貝と押麦でつくるサラダ!!

ツブ貝はタウリンが含まれており、コレステロールや血圧を抑える作用があると言われます。

また、肝臓の働きも助け、疲労回復にも良いとされている食材です。

 

お酒を飲む機会が多い時期だからこそ、食べ合わせで体を労わりながら気を付けたいものです。

 

日時:2014.03.17 (月)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

気が付けば日も長くなりました。もうすぐ、新年度を迎えますが、まずはこのたびご卒業を迎えられた

皆様方々にはおめでとうございます。

新年度からは、いろいろ変化のある事かと思いますが、ワインビストロ晴はこれまで通り以上に、元気

に営業してまいります。

2014-03-13 01.55.43.jpg

 ↑は、コツコツため込んだコルクのコレクションです!

あなたに似た表情はありますかな?

 

年度末は、歓送迎やらでお酒を何かと飲む機会が多くなるかと思います。

当店も、狭いお店ゆえ混み合いますので、恐れ入りますが事前にご予約等、気軽にお問い合わせ

ください。

日時:2014.03.09 (日)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

未だに雪が降る毎日ですが、暦的にはもうすぐ春を迎える時期になってきました。

北海道は、もう少し春を実感するには時間がかかりそうですが、せめてご来店頂い方々に

春らしい飲み物をと、只今試作中です♪

 2014-03-06-16-40-38_deco.jpg 

↑は春らしい淡いピンク色の、桜薫るスパークリングカクテルをまず第一号で試作。

もう少し可愛らしく仕上げたいのですが、ただいま試行錯誤中です><

メニュー展開ができるようになりましたら、改めてご案内させて頂きますb

 

[今日の雑学]

スルメをなぜアタリメと呼ぶのかご存じでした?

忌み言葉とは、口にすると縁起が悪いとされる言葉です。
結婚式では、『切れる』『分かれる』『終わる』『離れる』『去る』などを使わないなど、大人になるといろいろな常識が増えます。
そんな忌み言葉は、縁起がいい言葉で言い換えられることが多いのです。

『葦』という植物は、『悪し』につながることから、『よし』と言い換えることがあるそうです。
『葛飾区亀有』という地名も、もとは『亀梨』だったらしいのですが、『梨』が『なし』に通じることから、江戸初期に変更されたとされています。

宴会などの終了時に『それではお開きにしましょうか』というのは、『おしまい』という言葉が縁起が悪いとされて言い換えられた例で有名です。
鏡餅を割ることを『鏡開き』というのも同様です。

すり鉢やするめを『あたり鉢』『アタリメ』というのも、『スル』はギャンブルなどでお金をスルに通じるから『当たる』という縁起のいい言葉をあてたということです。

他にも古いいいかたで、映画のことを『キネマ』というのも本来映画を示す言葉『シネマ』が『死ね』を連想させるから言い換えられたものといえます。

意外と言葉の仕組みを知らないことが沢山ありますが、忌み言葉という存在は聞いたことがあっても、どのケースでどういうような言葉が該当するか知らないと、うっかり使ってしまう場合がありそうです。
日本人でありながら、日本の言葉の深さに感銘を覚えるとともに、全然知らない自分が若干恥ずかしい限りです。

 

日時:2014.03.09 (日)|カテゴリー:




こんにちは、広島県出身の空間克彦です。

もうすぐ冬の終わりですね(^^)

僕も東京から札幌に移住して2年目になります。

今年は少し雪が少ない気がしますが、こんなことを

思うのはすっかり北海道人ですね?

 

すいません自分話になってしまいまいた(^_^;)

当店からのお知らせです。なんとコースメニューが

変わりました\(^o^)/

 

まずは前菜から

・タコとキタアカリのマリネ

・ゴボウ、ツナ、ひよこ豆、玉子のサラダ

・自家製のカモのスモークと春キャベツ

            ・

温製アベ鶏のエスカベッシュ仕立て

         バケット

            ・

お魚料理

鮮魚のソテーミモレットバターのせ焼き

お肉料理

厚切り豚ロースト・ハニーマスタード風味

パスタ

  • 鶏ラグーのスパゲッティ
  • アマトリチャーナスパゲッティ

上記二種類のパスタをどちらか選んで頂きます。

            ・

デザート

名物!カタラーナ

 

以上新しいコースメニューになります。

お客様のご来店従業員一同心よりお待ちしております。

日時:2014.03.03 (月)|カテゴリー:平下の雑談




ご挨拶遅くなりました><

はじめまして!クワトロノーヴェより異動してまいりました平下です。

3月より新しいチームで、ワインビストロ晴をさらに晴れやかにしていきたいと思いますので何卒宜しくお願い申し上げます。

 

ちなみに、自分は極度の雨男でして、大抵の休日は悪天候に恵まれます。

ゆえに、自分がお店にいる限り、晴れることが多いらしいです(笑)

最初は、雨男の自分が晴という名の店に来るのも皮肉だなぁーと思いながらも、なんだかこれから晴男になれそう

な気もして楽しみでもあります。

少しずつですが、お店の様々なことを紹介できたらいいなと思います。

 

[今日の雑学]

立春を迎え、もうすぐ春分を迎えますが、まだまだ寒い北海道です。

ところで、みなさん『立春大吉』ってご存知でした?

立春の日に行う、厄除けのおまじないだそうです。

正確には、禅寺やその檀家の門に貼るお札のことで、立春の早朝に『立春大吉』と書かれた紙札を貼ることによっ

て、1年間の無病息災を願うそうです。

一般の家庭では、玄関や柱に貼ることでいいようですね。

 

これから新年度を迎えるにあたり、皆様方々にはご自愛くださいますようお祈り申し上げます。