カレンダー
最新の記事
カテゴリ
月別アーカイブ

日時:2014.11.30 (日)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

明日12月1日、誠に勝手ながら当店社員研修のため、

21:00営業終了とさせていただきたく、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 

なお、明日は17:00~の通常営業となっておりますので、ご予約等のお問い合わせにつきましては

大変恐れ入りますが、翌日以降ご連絡賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

 

 

日時:2014.11.28 (金)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

ボージョレイベントも落ち着き、師走を待つ感がありますが、その前に限定入荷のワインを本日より販売開始したいとおもいます!数に限りがございますので、無くなり次第で販売終了となりますので何卒ご了承願います。

 

メナージュ.jpg

カリフォルニアのナパ・ヴァレーのピノ・ノワールが入荷しましたよ♫

先日もお客様から、『ピノがグラスで飲めたらな~』と要望もございましたので、早速でございますがご紹介させていただきます!!

 

アメリカンチェリーのジャム、プラムのジャムなどを思わせる果実香、黒糖、カラメル香、カカオの風味、木質香、胡椒などスパイス香、発酵食品香など豊かに香ります。口の中に程よい濃縮感のある果実の旨味が広がります。やや残糖を感じるイメージの旨味豊かな果実味です。アルコールはやや強く膨らみのある味わいで、酸は比較的穏やかに穏やかに感じますが、芯にはしっかりしたものがあり、ぼやけたイメージではありません。タンニンはやや強めで、僅かに収縮感はあるものの柔らかくシルキーです。余韻はやや長く、果実の旨みと共に、やや残糖感のある旨味、僅かに樽熟成から由来する風味とタンニンから由来する収縮感などが現れます。程よい濃縮感のあるやや残糖を感じるジャミーで優しい果実の旨味が素直に広がる印象で、程よい骨格とタンニンを備えたカリフォルニアらしいピノ・ノワールと言えます。

 

やや重めのワインですが、ピノノワールが初めての方にも是非オススメのワインです!

お肉と合わせても良いので、当店では只今期間限定でご提供しております『フォアグラ入りのロールキャベツ』や『煮こごりテリーヌ』とオススメしています!

 

いずれも数に限りがありますが、この機会に是非ご賞味くださいね♫

日時:2014.11.24 (月)|カテゴリー:




みなさんこんにちは。

早いものでもうすぐ1年で最後の月になります。

街中はあっという間にクリスマスの装飾がちらほら見受けられるようになり、いよいよ師走感が漂ってまいりました。

そろそろ真冬の準備もしないといけないところですが、取り急ぎは冬向けのカクテルを試作してみました!

 

ショウガ.jpg

テーマは金柑とも悩んだのですが、やはりここは身体を温める意味も込めて生姜にしました。

『生姜のスパークルカクテル』は、12月から販売を予定しております♫

 

味わいは、そのままですがジンジャー風味満点です!!

こちらはワインが苦手な方やお酒があまり得意ではない方ように考慮しておりますので、アルコールは控えめに仕上げております。

 

ちょっとした食前酒やお食事と合わせてもオススメです。

なにはともあれ、みなさんインフルエンザには気をつけて頂きたいので、今回はちょっと健康志向的な内容のものになりましたことは、あしからずご了承ください。。。

 

日時:2014.11.22 (土)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

おかげさまで、ボージョレヌーボーは昨日をもちまして完売となりました!

今年のヌーボーは、酸味が穏やかで、非常に香りのよい、上品なテイストでした。

 

そんなヌーボーと一緒に、オススメしていた絶対オススメ料理を紹介いたします♫

 

ro-rukyabetu.jpg

なんと!!フォアグラ入りのロールキャベツです。

普通は、結構キャベツの巻が薄いのが多いですが、当店のロールキャベツは幾重にも巻き上げたにも関わらず、ナイフが力いらずでスーっと入るという、ある意味食べる前から感動するロールキャベツなんです!

幾重にも巻き上げたキャベツに、ブイヨンがしっかりと染み込み、キャベツ本来の甘みと相まってこれまたトロける優しい味わいですよ。

食べるとフォアグラの香りが広がり、当店ではコクのある白ワインとオススメですね。

 

フォアグラというだけでも贅沢な気分ですが、お肉も重すぎず、でも十分な食べごたえがありますので、メインとしても食べることが出来るくらいです。キャベツの繊維質を感じることなく召し上がれますので、食べず嫌いな方にも是非ご賞味頂きたい逸品なんです。

 

こちらは、期間限定で予定しており、また数に限りがございますので、どうしてもお召し上がりになりたい方は気軽にお電話にてお問い合わせください。

日時:2014.11.20 (木)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

今日は年に1回のワインのお祭り的なイベントの日でございます。

毎年、11月の第三木曜日にボージョレ・ヌーボー解禁日となっております!

 

今年の当店は自然派でつくられるドメーヌ・ロミーのボージョレ・ヌーボーをご用意しております。

ボージョレワインとは、フランスローヌ地方やロワール地方でつくられるブルゴーニュワインなんです。

特産品の新酒をボージョレ・ヌーボーといい、その年のぶどうの出来栄えをチェックするのが元々の

目的であったようですね♫

 

数に限りは御座いますので、お早めに御用命ください!!

日時:2014.11.17 (月)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

前回の新しく入荷した世界のビールのご紹介の続編です!

これまでにはなかったタイプのビールです。

乾杯の口火を切るのにいかがでしょうか?

ブルックリン.gifのサムネール画像

ニューヨーク子に一番愛されているビールだそうです。

ニューヨーク ブルックリン地区は、禁酒法以前の時代にはアメリカのビール造りのメッカで、48ものブルワリーがあったそうです。ドイツからの移民が多く居住していたこともあり、『ドイツ純粋令』に基づいた美味しいビールを作る素地をもった街です。

ブルックリンラガーは、1998年ニューヨークのジャーナリストと一人の銀行員の、伝統的な手法による本物の味をよみがえらせたいという思いによって製造を開始しました。少量生産、発酵・醸造に通常のビールの2倍の時間をかける製法が、このビールの美味さをつくります。普通のビールよりも20%強い苦味、それを感じさせない芳醇な香りと、どんな料理にでも合う爽快な味わいです!

 

コクがあり、キレの良いすっきり辛口。芳醇辛口タイプなんです。

味の濃い料理との組み合わせはいいと思いますので、当店ではソース料理とオススメしていますよ!

是非、ニューヨークの愛されるビールをご賞味ください♫

日時:2014.11.14 (金)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

まだ11月中旬だというのに、あーっというまに雪景色になってしまいました。

近所のこどもたちは喜んで遊んでいますが、大人たちは寒さに慣れていない身体を摩りながら歩いている方が多く見受けられた今朝でした。

一度また暖かくなるとは思いますが、一足早い積雪は今年の冬の寒さが厳しい予感をさせてます。

寒い土地生まれなのに、どうして寒さの耐性はできないのでしょうかね。

でも、北海道の方は寒い時こそっていうのがあるんです♫

かたらーな.jpg

当店の名物カタラーナの仕込み中をコッソリ撮影しました!

 

ところで、カタラーナとはなんですかという質問もありますので、簡潔に説明させてもらいます。

カタラーナとはスペイン、カタルーニャ地方の伝統的なデザート"クレマカタラナ"から生まれたイタリアでも定番のドルチェです。 濃厚なプリンに上にパリパリのカラメルが乗っており、クレームブリュレににています。 冷凍庫で冷やして食べるフローズンスイーツです。

 

つまり、北海道流といいますのは、寒い冬に温かい室内で冷たいデザートを食べるんですね!!

カタラーナも、いわゆるアイス焼きプディングなので、立派な北海道流スイーツになるわけです。夏場もよく召し上がって頂くのですが、意外と冬のほうが召し上がる方が多いようにも見受けられます!

 

貴方も冬に冷たいデザートで、北海道流を体感してみませんか♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

 

日時:2014.11.10 (月)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

以前よりお客様からご要望のありました、世界のビールがいよいよ用意が整いましたのでご紹介したいと思います!

この度は、フランス・スペイン・ドイツ・ベルギー・アメリカの5カ国のビールがオンリストしました。また、季節によって内容は変更していこうとは思いますが、まずはご存知ない方もいるかと思うので、1本ずつ紹介していこうと思います。

 

クローネン.jpg

アルザス地方で造られるフランス"ナンバーワン"ビール

クローネンブルグが造られているアルザス地方は、 ワイン産地として非常に有名ですが、 フランスのビール醸造の中心地でもあり、 フランスで飲まれるビールの約7割がアルザス地方で造られています。

ブランド名の「1664」は、 ブラッセリーズ・クローネンブルグ社がビール醸造を始めた 1664年に因んで付けられた名前なんだそうです。

300年以上の歴史と共に フランス国内のビール市場の 40%以上のシェアを持つフランス最大のビールメーカーなんです。

シャープな苦みとスムーズな飲み口が特徴的で、 当店では自家製のソーセージ、ラムのピリ辛つくね串などのスパイシーな肉料理との相性は抜群でオススメしています。

お食事とも合わせやすいピルスナータイプですので、比較的クセの少ないビールです!!

 

日時:2014.11.09 (日)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

雪虫もおとなしくなってきたところを見ますと、ぼちぼち平野部でも雪が降るのか心配になってくるこの頃ですが、まずはこの時期に必ずやってくるのはインフルエンザですかね。

毎年、新しいウイルスが出てきたりと、予防策をとってもなかなか完全なものはないのも現状です。。。

でも、きちんと食事をとって、睡眠をとって健康的な生活習慣をおくっていれば、そうそう風邪はひかないそうです。

なにはともあれ、偏らない栄養を取るとともに美味しいもを食べたいものです!!

今日は、そんな美味しい料理をご紹介したいと思います。

ポワレそい.jpg

秋冬の旬魚"シマゾイ"を使ったポワレで、ブイヤベースソースでご提供していますよ♫

 

ブイヤベースとは何かといいますと。。。

青い地中海と太陽の光があふれる南フランス----そんな南フランス食べたいのは、やっぱり地中海で獲れた新鮮な魚介類。なかでもブイヤベースはぜひ食べておきたい一品です。タイのトムヤンクン、中国のふかひれスープと並ぶ世界三大スープのひとつで、サフラン風味のスープに魚やじゃがいもがたっぷり入ったボリューム満点のスープ。南フランスの港町、マルセイユが発祥です(世界三大スープにはロシアの「ボルシチ」を挙げる説もあります)。

マルセイユのレストランでは、スープと魚が別々のお皿で出てくることも多いブイヤベース。

まず出てくるのがスープ。それにバゲットやクルトン、ルイユ(唐辛子、オリーブオイルなどを混ぜたソース)やアイオリ(ニンニク風味のマヨネーズ)などのソースが添えられているので、バゲットにルイユなどを塗って、スープに入れて食べます。魚のだしが染み出た濃厚なスープにルイユの辛さがいいスパイスになります。

当店では、お食事の手間を配慮しまして、ブイヤベースソースにアイオリを合わせてご提供しています!!

南フランスの料理と聞くと、なんだか温暖なイメージが浮かびますよね。気持ちだけでも温かく、そして召し上がっていただいてなおホッコリするような味わいなので、ぜひオススメの逸品です!!!

 

シマゾイ自体は、あっさりなんですがソースがしっかりしていますので、当店では味のしっかりした白ワインや、コクのある赤ワインとオススメしております。

ソースにバゲットをつけて召し上がって頂いたりと、ソースを堪能できる南フランスのお魚料理をご賞味くださいませ!

日時:2014.11.08 (土)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

段々と寒さも増してきまして、建物の中で温々するのが嬉しい時期となってきました。

それでも、外には出ないといけないので、なんとか気持ちだけも暖かくなれるワインということで、なんとなく温暖なイメージの地中海をイメージしてつくられたというワインをご紹介いたします!

 

エスメラルダ.jpg

ふちにやや緑がかった、淡い黄色。
パッションフルーツ、ライチ、バナナ、ぶどうなどの華やかな香り。
トロピカルフルーツを想わせる華やかなアロマが印象的です。フレッシュでフルーティーな味わいはワインを飲み始めの方にも最適です。

「ヴィーニャ・エスメラルダ」はきらきらと輝く、エメラルドグリーンの地中海のをイメージして作られました。
ヴィニャとはぶどう園、エスメラルダとはエメラルドの意味。

カタルーニャで作らるこちらのワインは、ミュスカ85%、ゲヴェルツトラミネール15%というセパージュで、やや辛口でアロマの香るフルーティーな味わいなんです。香りは甘いですが、味わいが甘口ではないので、甘すぎないフルーティーなテイストが好きな方には絶対オススメの1本ですね!

 

当店では、食前酒としてもオススメしていますので、もちろん前菜やサラダ、シーフード料理とは相性が良いので、ぜひお試し下さい!

日時:2014.11.04 (火)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

昨日の積雪といい、吹く風の冷たさはもうすでに冬の予感を感じさせますね。

また、もう一度くらいは気温があがるようですが、紅葉もそろそろで今度は雪景色一面になるんでしょうね。

夏も日焼けするんですが、実は冬のほうが雪の反射で日に焼けるのが悩みですねぇ。。。

 

ともあれ、冬とは関係ありませんがこちらもご要望のあった流行りの自然派ワインなんです!!

エリックロマンジェ.jpg

1970年から、ドメーヌとして瓶詰めを開始。

現当主が86年に父から3haの畑を受け継ぎ、少しずつ買い足し、グ ランクリュとして名高い"Zinnkoepfle"と"Saering"(いずれもコルマールの南)を含め現在は11haを所有。

ブドウは 全て有機栽培(2000年よりビオ・ディナミ)ですが、自然を尊び普通にブドウを造っているだけだからと特にエティ ケット等に記載はしていないそうです。

エティケットは、この土地の形状と海中植物とその時代の化石、恵みをもたらす日 照をイメージした日時計をモチーフにデザインされているんです。

専門誌La Reveu de Vin de Franceで2000年に「今 年の造り手」に選ばれるなど評価は高く、少量生産とあいまって入手は非常に困難なものとなっています。

フルーツの熟した感じが強いですが、非常に上品で綺麗な酸味とのバランスが良いアルザスのリースリングは、ワイン初心者の方でも美味しくお飲み頂けるかと思います!

エレガントな白ワインと、当店では『鮮魚のポワレ』や『鶏のつくね ゴルゴンゾーラクリームソース』なんかとオススメしています!!

 

 

 

日時:2014.11.03 (月)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

秋の新しいオンリストワインの紹介なんです。

秋冬に向けては、白ワインはコクのあるタイプを、赤ワインは重厚でありながら芳香のあるボディのしっかりしたタイプをご用意させていただく予定です。まずは、お客様からのご要望のあったワインからご紹介していきたいと思います。

 

プリンツ.jpg

これまでドイツの白ワインは甘口しかご用意がなかったのですが、辛口のドイツワインが飲みたいというお声を頂戴しましたので、辛口でフルーティーな白ワインを新たにオンリストいたしました!

 

『プリンツ グーツ リースリング Q.b.A トロッケン』

大変ボリュームのある辛口なんです。香りは甘い果実、ミネラルといきいきとしたフレッシュ感があります。近年欧米で人気上昇中のトロッケン(=辛口)に仕上げた白ワイン。

とっても透明感があるキレイな飲み口で、素晴らしい出来で、オーガニックワインでもあります。

 

フランスはアルザスのリースリングと飲み比べなんてのも、楽しいかもしれませんね♫


 

日時:2014.11.02 (日)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

季節は晩秋を迎え、残すところ今年は2ヶ月となってまいりました。

非常に早いもので、もう年末のお話をされる方をお見受けするようになってきました!

 

そんな年末、当店は今年も忘年会でご利用になれるように、新しいコースをご用意しております。

 

忘・新年会コース
      
\4,500(外税)

☆エビ・玉子・レンコンのサラダ

☆自家製ハムとピクルス

☆温かいポテトのサラダとスモークサンマ

 

☆道産じゃがいものニョッキのフリット

     トマトとジェノヴェーゼソース

☆バゲット

☆鮮魚のカリッとポワレ

      アンチョビクリームソースで

☆あべ鶏のゴボウ巻き 赤ワイン煮

☆ビストロ名物 スパゲッティナポリタン

☆大人気!!カタラーナ

 

4名様~要予約!!

2時間飲み放題付(生ビール・スパークリングワイン込)

※通常コースとしてもご利用になれます♪

Wine bistro 晴

Tel 011-241-8080

 

お席に限りがあり、またご希望時間が集中することも御座います。

その際には、ご予約を承れない場合も御座いますので、何卒ご了承願います。