日時:2014.12.29 (月)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

本日の営業をもちまして、2014年ワインビストロ晴の営業がラストとなります。

あっという間の1年というのも、自分が年々歳を重ねているせいなのかしみじみ感じさせるものでした。

今日は、今年の集大成としても、お店が笑顔でいっぱいなるように、そして皆さんが晴れやかに新年を迎えれるように、スタッフ一同皆様のお越しをお待ち申し上げます!

 

 

新年はこれまでにできなかったことや、お客様からの要望を可能な限りカタチにして、新しいことにもチャレンジしていこうと思います!

今後共、何卒宜しくお願い申し上げます!!

 

日時:2014.12.26 (金)|カテゴリー:平下の雑談




平素より格別のご厚誼賜りまして誠にありがとうございます。

本年もいよいよ残すところ、あと5日となってまいりました。

 

ワインビストロ晴は、年内は12月29日まで営業しております。

なお、年内最終日は恐れ入りますが営業時間が変更いたしますので、何卒ご了承願いますようよろしくお願い申し上げます。

ご予約等のお問い合わせ時に、ご確認の程お願いいたします。

 

2014年12月29日(月)

Open:17:00~

Close:23:00(L.o.22:15)

 

2015年営業初日は、1月4日とさせていただきます。

本年も皆様からのご愛顧賜りまして、改めまして御礼申し上げます。

新年も変わらぬお引き立てのほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

日時:2014.12.24 (水)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

今日はクリスマス・イヴで、数年ぶりのホワイトクリスマスになりそうですね。

少しの雪だと雰囲気が出ていいのですが、こうドカっと振られますとこれはまた大変なものです。

本日は、足元も滑りますので気をつけてください。

 

りんごたると.jpg

もう写真からいい香りしてますかね?

『りんごのタルト』の焼き上がりで、撮影してみました!

 

『1日1個のりんごで医者を遠ざける』と昔から云われる果物だってご存知でしたか?

りんごには、ペクチンなどの食物繊維やカリウム。ビタミンCなど美容や健康に欠かせない栄養素がギュッと詰まっているんです。また、1日1個の以上のりんごを食べることで、ドロドロの血がさらさら血になるそうです。

また、[アップルフェロン]という成分には、虫歯予防の効果があるそうで、そのほかにも整腸作用やコレステロールや血圧を下げたり、心臓病や脳卒中予防になるともいわれています。

また、りんごを多く摂取すると肺がんになるリスクを58%できること、すべてのガンになるリスクを13%減らせることが期待されるという、りんごってスゴイ果物なんです!!

 

年の瀬の疲労気味の身体を、是非りんごでいたわってください♬

今年も残すところ1週間です!思う存分愉しんでいきましょう!!!!!

 

 

 

日時:2014.12.22 (月)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

そろそろ仕事納めも近づいてまいりました。忘年会も佳境を迎えることかと思いますが、今年はクリスマスも平日で本当の意味で師走感が出てきました。残すところもうあと少し、みなさん頑張っていきましょう♬

 

ワインビストロ晴では、本日よりオススメのメニューがかわりましたのでご案内申し上げます。

 

✩あべ鶏とフォアグラのテリーヌ

✩タスマニアサーモンのクリビヤック(パイ包み焼き)

✩真鯛のカルパッチョ ラビゴットトマトと

✩仏産フォアグラのソテー プルーンソース

✩きたあかりのクレープとスモークサーモン

✩スケダチのムニエル バルサミコ風味

✩道産つぶ貝と押麦・ごぼうのサラダ

✩豚タン・ミミ・スネの煮こごりテリーヌ

✩オニオングラタンスープ

✩おきつねチーズ

✩カスレ 塩豚と白いんげん豆の煮込 鶏のコンフィとソーセージ入り

 

☪りんごのタルトとバニラアイス

☪ムースショコラ

☪モンブランマロン『晴』スタイルで

☪いちごとフロマージュブランムースのスペシャルデザート

 

本日~25日限定でのオススメメニューとなります。

なお、完売時には何卒ご了承願います。

 

個人的に、クリビヤックとは元々ロシア料理なんですが、それをフレンチにアレンジするのが凄く興味深いですね♬

また、機会がありましたらちょっと掘り下げて調べてみようと思います。

 

本日は、誠に恐れ入りますが早いお時間はご予約で満席となっております。

2名様のお席は、20:30~でご用意ができます。

3名様以上のお席は、21:00~でご用意ができます。

 

時間帯によっては混み合う恐れがあるかと思いますので、席状況についてはワインビストロ晴までご連絡のほどよろしくお願い申し上げます。

 


 

日時:2014.12.19 (金)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

予てよりご案内しておりました、『フォンタナフレッダ バローロ』のバイ・ザ・グラスなのですが、おかげさまで昨日をもちまして追加分も合わせて完売御礼申し上げます。

次回は、また違うテイストのワインでフェアーも含めて検討しておりますので、また詳細が決まりましたら告知させていただきたいと思います!

 

今週末から、忘年会やそして週明けからクリスマスと、お食事やお酒を飲む機会が増えるかと思いますので、皆さん体調にはくれぐれもご自愛頂きながら愉しんでくださいね。

ワインビストロ晴、本日のご予約状況は、21:00まではご予約で満席となっております。

21:00以降のお席でしたら、若干ご用意可能ですのでお待ち申し上げます。

 

なお、明日20日(土)は1席ご案内可能です。

22日(月)は2席ご案内可能です。

 

取り急ぎ、混み合いそうな週末・祝前の予約近況です。詳細は、お手数をお掛けいたしますが、当店までお問い合わせのほどよろしくお願い申し上げます。

日時:2014.12.18 (木)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

本日も天候は不安定なようです。札幌は今のところ荒れてはいませんが、道東の方では私の知り合いが云うには完全なホワイトアウトだったようです。車を運転の方はとくに気をつけてくださいね。

天気が悪い時は、少し一休みということで。。。。

thumb_otone_vol74.jpg

今月15日に発売されました雑誌の特集に掲載されました!!

ビストロ特集というこで、いろいろな店が載っています。こうやってみますと、だいぶこういうお店も増えたように感じます。

是非、機会がありましたら雑誌を覗いてみてください。

日時:2014.12.17 (水)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

今日は数年に一度という嵐になるという話ですが、それよりも足元の悪さの方をまず気を付けないといけません。

すっかり根雪になるかと思いきや、防水ブーツが必要な状態になってしまいました。

そして、これが凍結するともううんざりですね。。。そんなときは、インドアで美味いもの食べるのに尽きます。

 

てりぬ.jpg

『豚のタン・ミミ・スネの煮こごりテリーヌ』

このコリコリ食感がいいんです♬ラビゴットソースとの相性もバッチリです。

ラビゴットソースとは、フランス語の『元気を回復させる』の意が由来のソースらしく、まさに元気の出る逸品です!!

 

前菜として、あっさり召し上がれますので、ここは白ワインで合わせるのがおすすめかと思います。

また、普段ご用意しております『田舎風お肉のテリーヌ』との食べ比べもありです!

 

年の瀬で皆さん疲労もあるかと思いますが、ラビゴットならぬ元気を出していきましょう♬

 

日時:2014.12.16 (火)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

立て続けの連投で恐れ入りますが、カリフォリニアはナパヴァレー産の『メナージュ・ア・トロワ ピノ・ノワール』が完売いたしましたので、まずは御礼申し上げます。

続きましては、前回少しお伝えしておりましたフランスはブルゴーニュ産のシャブリを、期間限定でバイ・ザ・グラスでご用意させていただきますので、是非この機会にご賞味ください!

bottle01.jpg

『これがシャブリ!』という安心感のある美味しさです!

シャブリという言葉からイメージする「スッキリとしたキレのある辛口白ワイン」がそのままボトルに詰められた、シャブリのお手本のようなワインです。スタンダードシャブリはいつ飲んでも安心できる美味しさとお手頃さにトップソムリエたちからの信頼も厚く、飲むたびに「よく出来てるなあ」と感心させられますよ。

98%のシャブリが機械収穫される中、ウィリアム・フェーヴルでは手摘みで収穫し、しっかりと造りこんでいます。「試しに1本......」という時にはこちらのワインをどうぞ!

 

また、冬のおすすめでご用意しております『スケダチのムニエル バルサミコ風味』や、『ソバ粉のクレープで包んだ タスマニアサーモンのクリーム』とは贅沢な組み合わせで絶賛オススメしていますよ♬

 

この年の瀬は、是非とも美味しいワインと料理で愉しんでいただきたいと思います!!

日時:2014.12.16 (火)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

嵐のコンサートも終わり、選挙も終わり落ち着いたと思いましたら、天候はまったく落ち着かず大荒れのようです。

まだ、気温が下がりきらずみぞれ混じりの雪模様で、足元に気をつけてくださいね。

 

なお、そんな悪天候でもワインビストロ晴は元気に営業してます♫

またまた、冬の旬の食材で限定メニューをやっていますのでご紹介します。

たち.jpg

『スケダチのムニエル バルサミコ風味』

 

正直、スケダチがこんなに美味しく食べれるのをもっと前から知りたかったと云わせるような逸品です!

フワッ・トロッの食感に、バルサミコの風味が食欲をかきたてます。

そして、たぶんこのソースにパンが欲しくなるという。。。

まさに、一挙両得な美味しいところどりのメニューなんです!!

 

こちらは期間限定でのご用意となりますのでご了承ください。

やはり、ムニエルに合わせるなら白ワインになるんですが、当店ではフレッシュな酸があり、ミネラル感も感じられるシャブリをオススメしています!

ちょっとリッチな気分の組み合わせなんてのもいかがでしょうか♬

 

日時:2014.12.13 (土)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

昨日・今日・明日と札幌ドームで、嵐のコンサートなんだそうです。

昨日もコンサート後、グッズをもった方がいっぱいお見かけしました。天気も荒れるということで、最初は本当の意味で嵐が来るんじゃないの?なんて冗談をおっしゃっている方もおりましたが、なんとか天候は持ち堪えてもらうこを願いたいですね。

メナージュ.jpgのサムネール画像のサムネール画像img_wine_barolo.jpgのサムネール画像

 

只今、12月期間限定でご用意しておりましたカリフォルニアはナパ・ヴァレー産のピノ・ノワールと、イタリアワインの王様バローロのバイ・ザ・グラスのワインフェアーなんですが、ご高評賜りましてもうまもなく完売御礼とさせていただきます。

 

ピノ・ノワールにつきましては、追加してご用意させていただいたのですが予想以上の御用命を賜りまして、おそらく本日にて完売予定となっておりますので、ご興味のあるお客様はお早めにご注文をお待ち申し上げます。

 

バローロにつきましては、こちらも追加でご用意したのですが、もう残りわずかとなっております。

是非この機会に、イタリアワインの王様たるワインの所以を感じていただいたいと思います。

 

なお、次回は準備が整いしだいで、フランスはブルゴーニュ辛口白ワインの代表『シャブリ』を、スペシャルワインとしてバイ・ザ・グラスを予定しております。こちらも詳細が整い次第で、改めて告知申し上げます。

 

 

 

日時:2014.12.11 (木)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

やはり雨が降ってまいりましたが、夜半にはまた雪になるそうで、実に憂鬱な天気模様です。

そんなときは、やはり美味しいものを食べて、体力を蓄えるに尽きます!

 

そばクレープ.jpg

またまた新しくシェフが作ってくれた料理の紹介をします!

『そば粉のクレープで包んだ タスマニアサーモンのクリーム』

 

フランス北西部ブルターニュ発祥のクレープ。実は『クレープ』フランス語だったんですね!!

当店の場合は、クレープで包んで仕上げておりますが、その中身とは。。。。

脂ののったタスマニアサーモンときのことベシャメルソースを合わせたものが入っているんです。

上からのサフランクリームソースとのダブルクリームソースに、味覚は完全に奪われる逸品です。

また、蕎麦の芳ばしい香りと相まって、ついつい白ワインで合わせたくなりますね♫

 

こんなときは、クリーミーでエレガントなブルゴーニュのシャルドネとオススメです!

 

日時:2014.12.10 (水)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

雪が降ったかと思ったら、今度は雨が降るそうで路面がツルツルで非常に怖いです。

昨日、旭川からのお客様がいらして、『積雪すごいことになってますよね?』と伺ったところ、意外と旭川雪が積もってないそうです。

ニュースでは、名寄が大変なことになっているとあったんですが、同じ内陸でもこうも違うもんなんですね。

 

さておき、こう寒いと温かい料理でお腹を満たしたいものです♫

カスレ.jpg

まずは、撮影技術の問題で影ができてしまっていることはあしからずご了承ください。

今回、シェフが作ってくれた新メニューは冬になると食べたくなる『カスレ』なんです!!

 

カスレは、フランスの南西部、ラングドック地方やピレネー地方の名物料理です。
とても単純に言うと、白インゲンと鴨やヒツジ、ソーセージなど何らかの肉類をグツグツと煮込んだもの。地方や家庭によって、その組み合わせはそれぞれ変わるようです。

長時間煮込んで作る豆のシチューあるいはキャセロールのようなものみたいですね。

 

当店の『カスレ』は、塩豚と白いんげん豆の煮込で、鶏のコンフィとソーセージが入った食べ応えのある逸品となっております。

そもそも、このカスレが生まれたのは100年戦争の時だそうです。
1339年から約100年続いたフランスVSイギリスの大戦争。

その時に負傷&弱った兵士達に栄養つけようと村にあるありったけの残り物を煮詰めて作ったのが始まりとされていてるみたいです。

そりゃ、栄養たっぷりな料理ですよね!!

 

やはりこちらの料理は、ランドック・ルーション地方のワインと合わせるのはいかがでしょうか?

豆と肉の料理なんで赤ワインの方がいいかもしれませんが、変化球で少し樽香がする濃い目の白ワインでもオススメですね。


 


 

日時:2014.12.08 (月)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

すっかり街中も雪模様で、もう一気にクリスマスムードが高まりつつある感じです。

当店から出来ることとして、日頃ご来店いただいている皆様にちょっとしたリッチなワインに触れていただこうと思い、

スペシャルなワインをご用意致します!!

img_wine_barolo.jpg

イタリアワインの王様 バローロのバイ・ザ・グラスを12月限定で行わせていただきたいと思います♫

 

『フォンタナ・フレッダ バローロ リネア・トラディツィオナーレ'10』

バローロDOCGエリア(11の村)に広がる海抜300~400mの南向きの斜面のブドウ畑から収穫されたネッビオーロのみを使って造られます。リネア・トラディツィオナーレは個々の村や畑の個性に焦点を当てるのではなく、昔ながらのバローロの製法で様々な畑のブドウを一緒に醸造しています。
収穫されたブドウは除梗後に破砕、伝統的醸造方法に従い30~31℃に調節した温度の下、ステンレスタンクで平均8~10日間発酵させ、その間頻繁にルモンタージュ(果皮や種などと果汁をまぜる)を行います。
その後、マロラクティック発酵をすすめながら2週間ほど果皮とコンタクトさせることによって、ポリフェノール成分を効果的に取り込みます。中央フランス産とスラヴォニア産のオークの大樽で2年間の熟成の後、ボトリング。最低でも12ヶ月間は瓶内で熟成させた後にリリースします。

※パーカーポイント 91ポイント獲得!

 

長期の熟成とブドウ自体の持つ性質により、芳醇でボディのしっかりしたワインとなります。

ガーネットの色調を伴うルビー色で、時間の経過とともにオレンジ色を帯び、ドライフラワーやドライリーフなどの香りと、クリーンで凝縮感のある充実したブーケを感じます!!味わいは柔らかく温かみがあり、なめらかでバランスが取れています。余韻が長く続きます!!

 

バローロのお手本とも言えるワインです。

ネッビオーロ本来の淡い色合いと、きめ細かいタンニン、そして軽やかながらも深みのある味わいは、バローロというワインが本来どういうもなのかを教えてくれます。今回は、メーカーさんとの協力でなんとか、皆さんにグラスからでもご提供できるようになりました!!

是非、この機会にピエモンテの伝統を感じてみてください!

なお、ご提供できるワインに限りがございますので、完売の際には何卒ご了承願います。

日時:2014.12.05 (金)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

先日より期間限定でご案内していましたカリフォリニアは、ナパヴァレーのピノ・ノワールが想像以上にご高評いただきまして、完売御礼申し上げます。

なお、お客様からもまだご要望が御座いましたので、追加であと1週間ほど販売延長を予定しております!

 

カリフォルニアらしいほどよい骨格と、タンニンを備えたピノ・ノワールです。

濃縮感のあるやや残糖を感じる優しい果実の旨みが素直に広がります。

酸が比較的穏やかですので、酸味が苦手な方やピノ・ノワールを飲み慣れていない方にも是非飲んでいただきたいワインです♫

飲んだあとに広がる香りは、ブルゴーニュのピノ・ノワールとはまた違いますので、飲み比べても楽しいですね。

 

メナージュ.jpgのサムネール画像

入荷本数には限りがございますので、完売時には何卒ご了承願います。

 

また、12月中旬に合わせて只今イタリアワインの王様『バローロ』の、バイザグラスも予定しております。

そちらの情報につきましては、改めて告知させていただこうと思います。

 

日時:2014.12.01 (月)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

いよいよ師走のスタートです!12月は、感謝の気持ちを込めてちょっとしたことができたらと。。。考えております。

具体的な内容につきましては、おって告知させていただきたく存じます。

 

ともあれ、新入荷のアイテム紹介もおろそかになっていたのでここらで少しずつご案内させていただきます!

黒んバッハ.jpg

ビールといえば、やっぱりドイツかなぁ~と思い、ドイツの黒ビールを入荷致しました!

おだやかな苦味と軽やかなホップ、豊かなモルトが特徴なんです。
バランスが良いので、非常に飲み応えも感じますし、口いっぱいに広がる香りを飲み終わりまで楽しめます。
ドイツの黒ビールはコクはあるのにサッパリとしており、大変飲みやすいビールなんです。

古都ケルンから約150キロ南東にあるクロンバッハ地方の恵まれた自然から産まれた素材、良質な岩清水に世界最高峰のハラタウ産ホップを使用。
それらが200年の伝統と歴史に磨かれた技術で融合してPERL OF NATURE (=自然の真珠)と賞賛されるほどの有名なクロンバッハビールシリーズのドゥンケルタイプのダークビールです。


ドゥンケルタイプの真っ黒な色合いのビールに木目細かで豊かな泡立ちがあり、軽い口当たりで焙煎されたモルトの苦味が口に広がりコクのある味わいからスッキリとキレのいい後口に変わります。

食前からでも、食中でも意外と合わせやすいので、シーンを選ばないタイプともいえそうですね♫