日時:2015.03.31 (火)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

明日から、いよいよ新年度です。ようやく春を実感し始める頃合となってきました!

新社会人の皆さん、ならびに学生の皆さん、ご活躍されることをお祈り申し上げます。

 

プロフィット.jpg

頑張りすぎて疲れた時は、ちょっと甘いデセールはいかがでしょうか?

 

『プロフィットロール・オ・ショコラ』

シュー生地を使ったデザート菓子。一口サイズのシュークリームを、プロフィットロールと呼びそうです!!

その意味は『心付け』ということで、まさにホッとさせてくれるデザートですね。

それに、チョコレートソースをかけた見た目も美味しいデザートが新登場です♪

 

食後に、キャフェとご一緒にいかがでしょうか!?

 

日時:2015.03.28 (土)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

なんだか自転車を乗る方が急激に増えたように思うこの頃ですが、皆様はもう物置から出されたでしょうか?

夜に乗るには、少々寒いですがそれでも自転車に乗ると気持ちのいい時期になったことが嬉しくなってきますね。

 

ホタテソテー.jpg

 

ちょっと手ブレした撮影になってしまいました><

只今、オススメのポワソンでございます『帆立貝のソテー・ポロネギのフラン添え』です!!

 

シンプルなお料理だからこそ、皆様にお召し上がりいただきたく思います。

ホタテは魚介類の中でも多くの栄養素を含む優れた食材のひとつ。亜鉛やグリシンなど美容効果の高い栄養素が豊富なほか、肝機能の向上、眼精疲労緩和、コレステロール抑制など健康面にも効果があります。食べておいしい!ホタテは万能食材なんです。

 

また、女性に嬉しい美容効果も抜群の食材なんです。

ホタテに含まれるアスパラギン酸には、エネルギーや窒素の代謝を高める、マグネシウム、カリウム、カルシウムなどのミネラルをスムーズに全身へ運ぶといった作用があります。
グリシンは、中枢神経系の機能に不可欠な物質で、脊髄や脳幹に高濃度に存在し、コラーゲン中の3分の1程度含まれます。

筋肉を強化し、肌のハリやツヤを保つ働きを持っているそうなので、アンチエイジングを目指す方にはオススメなんです!!

体内の不要物を排出し、慢性疲労や不眠の改善にも効果があるそうです。

 

また、ポロネギは今が旬の食材。

英語ではリーキといい、ポロねぎはその別名。西洋ねぎ、洋ねぎ、にらねぎ、ポワロとも呼ばれる。日本には明治初期に渡来したが、すでにねぎがあったため普及せず、近年になってから需要が伸び、現在人気上昇中の野菜なんだそうです。一見、下仁田ねぎに似てはいるが、濃緑色の葉はかたく、扁平で袴状に重なっています。カロチンが豊富で、食物繊維、カリウムも多くてオススメなんですよ。

今回は、旬の食材で栄養バランスにも優れたお料理なんです♪

季節の変わり目で、年度末・新年度と、何かと疲労する時期ですので是非ご賞味頂けれと思います!!

 

日時:2015.03.27 (金)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

なんだか一気に気温も上昇して、ちょと前の寒さを忘れそうな感じです。

もうスプリングコートの時期かと思いつつ、日が暮れるとやはり寒いので、まだまだ油断のならない時期です。時節柄、皆様方々体調は自愛下さいね。

それでも、空気の香りといいますか春めいてくるとなんだか嬉しいものです!!

来月あたりからは、バイ・ザ・グラスも春向けのラインナップに変えていこうと思いますので、是非ご期待下さい♪

 

ガツ.jpg

新しいメニューのご紹介です!!

『豚胃(ガツ)と玉ねぎのソテー リヨン風』なんです。

 

やわらかくしたガツは、もうツマミとしても最高です!!

味わいもあっさりで、リヨン風とは薄切玉ねぎをあめ色に炒めた物を使った料理のことなんです。

なんだか、それだけでお洒落な感じがします。合わせるなら、白ワインとあっさりがいいですが、お好みでミディアムの南仏系赤ワインでもいいかもしれませんね♪

 

濃厚なお肉料理よりは、今日はあっさりな気分という方には是非オススメなんです!!

 

 

日時:2015.03.26 (木)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

春分の日を経過して、すっかり春に近づいている毎日です。

昨日あたりから、卒園・終業・卒業式など年度末の行事も目白押しだったようで、恐らく今週末に向けて、会食やらお祝いの宴などが催させるのでしょうね。

まずは、ご卒園・ご卒業された皆様ならびご両親様、おめでとうございました!!

 

今日は、そんな大切な時間を過ごすに当たり、特別なワインが入荷しましたのでご紹介します♪

ポムロル.jpg

なんとポムロールワインが入荷しました!!

<ポムロール>は、その評判の大きさとは裏腹に小さな村である。歴史や文化の影を持つ建造物が見当たらず、平凡な田舎風景が起伏の少ない台地に広がっているます。
葡萄畑の総面積は約800haと小さく、ほぼ平坦な土地にあるんです。
ここのワインの評価が高まるのは新しく20世紀始めで、ジャン・ピエール・ムエックス社の功績が大きい。かっては<サン・テミリオン>と同一視され、その名は殆ど知られていなかった。
サン・テミリオンの隣にありながら、はっきり違うワインが生まれる理由は、その土壌にある。 太古の地層の侵食と中央山岳地帯からトルトニュー川が運んだ堆積土壌とで形成され、鉄分を多く含み肥沃。
西側が砂質、サン・テミリオンに近い東は粘土質。

栽培葡萄品種はメルロ種が主で、ほぼ80%を占めます。
残りも殆どがカルベネ・フラン種で、ソーヴィニヨン種は少ない。このため、出来るワインはメドックのものよりタンニンが少なく、一般的に香り豊かで、輝かしいルビー色。アルコール分が多く、芳醇なコクを持ちながら、柔らかな口当たりが特色。
多くは、4~7年で飲み頃となる熟成の速いタイプ。極上ものは長寿。
総体的にバランス良く、高水準。「シャトー・ペトリュス」や「シャトー・ル・パン」など揺ぎ無い名声を誇る銘柄があり、生産量が少ないのでワインは総体的に高価格。

*ポムロールでは公的格付けはなされていない。 ポムロールは、サン・テミリオンと違って、平均的にシャトーワインの質が高いと言われているそうです!

 

(写真右)『シャトー サミオン ラランド・ド ・ポムロル'11』

あの伝説のペトリュス最高醸造責任者ジャン・クロード・ベルエ氏が造りし究極のワインにして、わずか0.8haという極めて小さな極上の畑で栽培される究極のメルロー100%からできる、このワインを750mlを一本造るのに、実に1.4本のブドウ樹を必要とする、とてつもない濃縮度とともに造られます。

 

このワインの凄いのは、なんと言っても彼らが所有する畑の凄さにあります。
[シャトー・ペトリュス]の隣村ラランド・ド・ポムロールに所有する僅か0.8haの畑は、ラランド・ド・ポムロールの中で最も標高の高い場所に位置し、ペトリュスと同じ粘土質土壌という絶好の環境を享受していて、そこで栽培される平均樹齢35~50年にして、一部は樹齢100年にも達するメルローのみを栽培!!。

この僅か0.8haの絶好の畑には、まさに極上のメルロー種のブドウ樹が約5200本栽培されていて、ここから年産わずか3600本という極めて濃縮された極上ワインが誕生します。計算してみると、なんと一本のワインを造るのに約1.4本のブドウ樹が使われる破格の濃縮度を誇っているんです!!。

こんな物凄い贅沢なワイン、聞いたことがありません!!。
さらに出来たワインの熟成方法については、企業秘密であるため公表されていないのですが、おそらく、ペトリュスの醸造に用いられたオーク樽で熟成されていると言われています。

 

味わいは、決して濃厚さだけにはこだわらず、極上のメルローの持っているポテンシャルと、極上のテロワールの風味を、そのまま引き出したかのような、まさに究極の舌触りと心地よい飲み心地を完璧に追及したような・・・、そんな物凄いロマンチックな味わいが口の中に見事に広がります!!。

 

(写真左)『シャトー クロ ルネ ポムロル'11』

 

 ミシェル・ロラン氏がコンサルタントを務める人気銘柄。しなやかで濃密な果実味が心地よいポムロルです。


古典的なポムロルで有名なシャトー・ランクロに隣接しており、スタイルにも共通点があります。
香り高く、しっかりとした骨格と上質な質感で、果実味の凝縮感に溢れる親しみやすい味わい。濃厚でリッチでプラムの果実を感じ、ポムロルらしさを堪能でき、飲むものを失望させません!

発酵とマセラシオンは、温度管理されたコンクリートタンク槽にて3週間行われ、毎年25%ずつ更新される樽にて熟成されます。
清澄は行いますが、ろ過はしません。


深いガーネット色の外観。
タバコ、エスプレッソ豆、ダークチェリーやイチジクの芳醇で深いアロマ。
メルロの柔らかな丸みある、プラムのような濃厚な果実味と、噛みごたえのあるタンニン。 ジューシーな果実味がいつまでも心地よく残り、素直に美味しいと感じる魅力的な味わいなんです♪

 

フランスでは、特別な日や特別な席では、普段飲まない特別なワインでお祝いをするそうです!

そんな習慣に習って、特別なときに料理と合わせて特別なオススメな2本なんです。

いずれにしましても、ポムロールのワインは生産量が圧倒的に少ないので、それだけでも希少価値が有り、これ故に一期一会のワインといえますね。


是非、特別なお席のとっておきのワインとしてご賞味ください!!

日時:2015.03.19 (木)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

すっかり雪解けも進み、空気の香りもなんだか春らしくなってきました。

太陽の光も少し暖かくなってきたような気もしますね。

年度末であり、新年度を迎えるにあたり、いろいろと準備することや不安や期待など沢山あるかと思いますが、少しでも当店によっていただけるお客様にはゆっくりしていただけるように、本日も元気に営業してまいります!

 

おかげさまで、春を先取り期間限定にてグラス販売させていただきましたスペイン産『メリオール ヴェルデホ』は、完売させていただきましたこと御礼申し上げます。本日より、新しいワインをご紹介させていただきます。

 

9095449_R.jpg

 

『ラス・ラモス ブラックラベル カベルネ・ソーヴィニヨン/カベルネ・フラン』(アルゼンチン産)

 

印象的な深みのある、背景が見えないほど濃いブラックルビー色をし、縁は若々しい紫色をしています。

複雑で芳香の強いノーズは、赤系の果実、刻みタバコ、グリーンペッパー、バニラ、スパイスのニュアンスを持つような感じです。ミディアムボディ、濃縮されており、エレガント、フレッシュでトースティー、口の中を覆うようなベリー類の果実味の核を持ち、ほのかなチョコレートのニュアンスを持ちます。

コクがあり、豊かで調和が取れており、ヴェルヴェットのようなきれいなタンニンと、滑らかで余韻の長い後味を持ちます。ローストした肉や熟成したチーズと相性が良いんです。

当店では、やはり絶妙の加減でローストされる『鴨肉のロースト』とは抜群の相性でオススメなんです!!

 

なお、こちらのワインは生産量も国内入荷量も少ないため、今回1度限りの入荷となります。当店の割り当て分で、12本は入荷してきましたので、この度は多くの方にこの珍しいセパージュを楽しんで頂きたく、グラス販売のみとさせていただきたく何卒ご了承願います。

 

 

日時:2015.03.01 (日)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

いよいよ3月スタートです。

年度末であり、卒業やら転勤だったりと何かと生活の変わる予感を感じさせる月となることかと思います。

お酒の席もその分増えるかと思いますが、当店は歓送迎会にもご利用いただけるコースプランをご用意させていただきました!

是非、お仲間内でのご利用にお役立ていけたらと思います。

 

ワインビストロ 晴 歓送迎会コース  ¥4,500《税込¥4.860》

 

✩タコとセロリ・トマトのマリネ

✩オリジナル鹿サラミと自家製ピクルス

✩きたあかりのクレープとスモークサーモン

 

✩鶏つくねのゴルゴンゾーラクリームソース

 

✩バゲット

 

✩鮮魚のポワレ グリーンペッパーのソースで

 

✩豚とアサリのロースト ポルトガル風

 

✩春キャベツとアンチョビのスパゲッティ

 

✩名物!!カタラーナ

 

 

ご予約の際には、お時間とご利用人数様、コースご利用の旨スタッフまでお申し付けください。

なお、週末はご予約が集中する恐れがございますので何卒ご了承願います。

その他、ご不明な点やご相談事項につきましては気軽に当店までお問い合わせ願います。