日時:2016.01.30 (土)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

1月もいよいよ終わり、札幌雪祭りの時期になりました。

昨年、某雑誌に取り上げて頂いた料理が期間限定で復活しますのでご案内です!!

ロールキャベツ

『フォアグラ入り ロールキャベツ』

力を入れなくてもナイフがスーッと入るくらい柔らかいキャベツにと優しいスープが、心も身体も温めてくれます!!

お肉も臭みをとって旨みを引き出しながら、フォアグラも前に出過ぎないちょうどいい塩梅とでもいうのでしょうか。サイズ的にも、お二人で分けてお召し上がりになるには、ジャストサイズなのでメインの前の一品としてもおススメです!!

合わせるなら、やはり優しい余韻のある白ワインがおススメですね♬

 

白ワインも来月、一部グラスワインが変更になりますので、こちらについてはおってご紹介させていただきます。

なお、ロールキャベツはオーダーが集中致しますと、完売となる恐れがありますので何卒ご了承願います。

 

日時:2016.01.23 (土)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

久しぶりの青空で、陽光が雪に反射して眩しかったですね~。

個人的には、この反射で雪焼けして、夏より日に焼けたりすのでやっかいな時期なんです><

 

今日は、ちょっと基本に立ち返って、先日お客様からもご質問がありましたボルドー『右岸』『左岸』と何かについて考察してみたいと思います。

 

世界の二大銘醸地のひとつとして知られるボルドー。このボルドーは、赤ワイン、白ワインともに、さまざまな味わいのワインを産み出していますが、ボルドーと聞くと、タンニンをしっかり感じる重厚な赤ワインのイメージを持つ方も多いと思います。

では、ボルドーの赤ワインが『右岸』と『左岸』というふたつのエリアによって、個性の違いがあるのをご存知ですか?

 

ボルドー地方はフランス南西部大西洋に面した北緯44~46度に位置しています。ちなみに、日本にあてはめると北海道の宗谷岬と同じくらいだそうで、比較的温暖な地域みたいですね。

では、このボルドーの地図をよく見てみましょう。ここには3つの川が流れていることがわ
かりますね。

少し覚えにくいのですが・・・東の中央山脈から流れるドルドーニュ川、ピレネー山脈から流れるガロンヌ川、そのふたつが合流し大西洋に流れていく大きなジロンド川という3つの川です。

普通、川の流れる方向を向いて右側を「右岸」左側を「左岸」と言います。ボルドーには3つの川がありますので、ドルドーニュ川からジロンド川にかけての右側が「右岸」、ガロンヌ川からジロンド川にかけての左側が「左岸」となるそうです。

1448341544pFcCY.png

右岸の土壌は粘土質が優勢な場所です。これは、ドルドーニュ川が上流から粘土質の土を運び堆積しているためだそうです。

このような土壌を好む品種がメルローです。水もちがよく保温性の高い粘土質の土壌がメルローの生育に合っており、必然的にメルローが多く植樹されますので、右岸の赤ワインはメルロー主体のものが多くなります。メルローは、タンニンは控えめ、ふくよかで柔らかく、豊かな果実味が特徴ですので、右岸の赤ワインはメルローらしい豊満なワインとなります。

ちなみに右岸といえば、サンテミリオン地区、ポムローム地区が有名です。「世界で一番美しい!」「世界最高のメルロー!」と評されているシャトー・ペトリュスは、この右岸ポムロームにあります。

 

当店で取扱いの右岸ワインとなると、『シャトー グランコルバン サンテミリオン グランクリュ'03』『シャトー トゥルヌフィーヌ ラランド・ポムロール'10』『シャトー レキュイエ ポムロール'07』の3種類をご用意しております♪

 

左岸の土壌は、砂利が基本です。これは、ガロンヌ川が上流の山脈から岩のかけらを運び、それが流れていくうちに砂利となったためだそうですね。

この砂利質の土壌は水はけが非常によく、カベルネ・ソーヴィニヨンが好む土壌ですので、左岸の赤ワインはカベルネ・ソーヴィニヨン主体のものが多くなります。カベルネ・ソーヴィニヨンといえば、タンニンが非常に強く、パワーのあるワインを造りだしますので、左岸のワインは、骨格のはっきりした強健なワインが多いのが特徴といえます。

 

当店で取扱いの左岸ワインとなると、『シャトー グリュオーラローズ サン・ジュリアン'11』『シャトー ベイシュヴェル サン・ジュリアン'12』『シャトー セネジャック オーメドック'10』のこちらも3種類ですね♬

 

ボルドーワインも掘り下げて飲んでいくと、奥が深いですね!当店の取り扱いのワインは、割と初めての方でもチャレンジしやすいものでご用意しておりますが、中には長期熟成することで真価を発揮するワインも沢山あります。

そういう意味では、色々飲むことで自分好みを探すのがワインの楽しさのひとつかもしれませんね!!

 

日時:2016.01.22 (金)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

雪も深々とどかどか降っておりますが、皆様体調お変わりなくお過ごしでしょうか?

当店のお隣さんのビジネスホテルも、テナントも含めついにオープンしました。

この勢いで、ここの通りが賑わう事を期待したいものですね♪

 

本日より、グラスワインを一部入れ替えしますのでまずはご紹介なんです。

L1648183.jpg

イタリアは、プーリア産の土着品種『ネーロ・ディ・トロイア種』で造られるモノ・セパージュワイン。

深いルビーレッド。イチゴや黒果実のジャム、スミレの豊かな香り、甘みのある濃厚な果実味と新鮮で上品な酸味、細やかで豊富なタンニンがあり、余韻では果実香が続きますよ。

enira.jpg

もうひとつは、ブルガリア産『シラー種』『メルロー種』『プティ・ヴェルド種』で造られる重厚感あるワイン。

コンサルタントは、サンテミリオン『ラ・モンドット』を造る、ステファン・フォン・ナイベルグ伯爵がブルガリアの地で手掛けたワイン。

伯爵は、歴史的にも有名なあのハプスブルグ家の末裔なんですね。歴史に思いを馳せて飲むのもアリですかね?

 

まろやかな甘い赤い果実の香りが印象的であり、チョコレートやココアのような香りも感じられます。

口に含むとトロリとしていてエキス分が非常に高く、果実味がしっかりとしており、同時に綺麗な酸味と丸みのあるタンニンが感じられますよ。果実味・酸味・タンニンのバランスが高いレベルにて調和しており、洗練された味わいでありながら、同時に近づきやすい味わいに仕上がっております。

 

現在、バイ・ザ・グラスは『フランス』『イタリア』『ドイツ』『スペイン』『ルーマニア』『ブルガリア』『南アフリカ』『チリ』『ポルトガル』『オーストラリア』と、さまざまな国のワインをご用意しております。世界中の味わいを、美味しい料理と合わせてお試しいただければと思います。

お悩みの際には、気軽にスタッフまでお声掛けください♪

 

日時:2016.01.20 (水)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

おかげさまで、年初めの『オーガニックワインフェア』は完売御礼となりました。

次回2月は、さっぽろ雪まつりもあるので『北海道ワインフェア』で検討しておりますので、お楽しみにしてくださいね♪

 

ただちょっとそれまで少し時間がありますので、ちょっと濃厚な赤ワインを数量限定にてご用意させていただきます。

かんとめるる.JPG

ムートンとともにメドック格上げ追加のシャトーのひとつ。5級格付け以上の評価で、リッチでしなやかなカントメルルのセカンドが、特価で入荷しましたので、この機会にグラスにて販売いたします。

リコリス、クローヴのスパイシーで甘美な香りに、シダーの爽快感。エスプレッソ、ブラックチョコの芳醇でふくよかなアロマと、さらにビロードのような滑らかできめ細やかなタンニンとまろやかなコクが幾重にも感じられるデリケートで濃厚な味わいなんです。

初めてのボルドーワインには、是非おススメです!当店自慢の『やわらか牛タンの赤ワイン煮』といかがでしょうか!?

 

もうひとつは、スペインのトロ地区で造られるテンプラニーリョ種です。果実味と濃厚さ、ほどよい綺麗な酸味が食事と合わせやすいですね。タンニンもしっかりあり、重すぎず、軽すぎないタイプなので、スペイン好きの方は是非ご賞味ください!!

 

今週末から販売開始予定としておりますので、是非皆様方々のお越しお待ち申し上げております。

日時:2016.01.16 (土)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

シカ肉を食べてもらおうと、病院食や給食に利用してもらおうと、北海道でも2013年8月から地域の栄養士さんや食品業者による協議会が道内7か所でも立ち上がり、ここ最近で注目されている食材なんです!!

すべての栄養素に対してトータルでバランスよく含まれているシカ肉は、まさに『ヘルシーミート』と云えます。

 

脂質が少ないうえに、抗がん作用や肥満防止に効果のある共役ジエン型リノール酸が豊富に含まれているそうです。

また、脂質分解に関与しているビタミンB2も多く含んでおり、牛レバーをしのぐ鉄分もあり貧血予防にも効果的!!

 

シカ肉の特徴としては、高たんぱくで低脂肪、コレステロールも低いヘルシーなお肉であるという感じですね!

ただ、シカ肉を食べた人の中で、生臭かった、獣臭かったという方が多いですが、それはしっかりと血抜きをしない肉を食べたからかもしれません。最近は、さまざまな努力がなされ美味しいシカ肉が少しずつブームとなりつつあるそうです。

 

ラグーペンネ.JPG

『エゾ鹿のラグー ペンネ』

日本では、生態系の悪影響や農林業被害の問題で、鹿を駆除することになったそうですが、その大半は捨てられていたそうです。

ですから、最近は地域振興に結び付けようという動きが盛んになってきていますね。

私たちが鹿肉を美味しくいただくことで、北海道の自然環境を守ることになるんです!!

なんだか、大義のある食材のように感じますが、欧米では『ジビエ』と呼ばれ珍重され、とくに鹿肉は高級食材として扱われています。

是非、この機会に鹿肉を試してみてください♪

 

日時:2016.01.14 (木)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

先日まで、『このままだと雪まつり大丈夫なんでしょうか?』なんて話をしていたのですが、たった一日で真白く積もるのがやはり北海道なんですね~。ここ最近は、すっかり温度も下がって、冬らしくなってはきましたが、すでに春を期待しているは私だけでしょうか。

こんな寒い時は、美味しいものを食べて暖を取るのが一番です!!

黒ビールに.JPG

『ポークスペアリブの黒ビール煮 ホクホクジャガイモ添え』

 

ベルギーの名物料理『カルボナード・フラマンド』=牛肉のビール煮を当店オリジナルでアレンジした料理です。

お肉が柔らかくて、こってりコクがあり、とにかくソースとの相性が素晴らしいんです!!

黒ビールのアルコール感はなく、むしろお肉がほろほろっと軟らかコク美味なので、ソースにバゲットを合わせて完食したくなる味わい。

合わせるなら、もちろん黒ビールもありですが、ワインも十分合いますよ。ちょっと濃いめの白ワインなんかとはおススメですね♪

 

日時:2016.01.09 (土)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

寒暖の差が著しい毎日ですが、皆様ご体調は大丈夫でしょうか?

冬限定カクテルは、旬の金柑を使ったカクテルなので、喉粘膜の炎症や風邪の予防にいかがでしょうか♬

また、ボンベイサファイアをさらに上回る上級品『スター オブ ボンベイ』が新発売され、当店にもようやく入荷致しました。

今回はそのスペシャルなドライジンを使って、パーフェクトなジン&ソニックスタイルで、いつもとは違う贅沢な1杯をご用意しております。

新カクテル.JPG

金柑のスパークルカクテルは、柑橘香り、ほのかに果実の甘さが広がる優しい味わいです!!

食前酒としてもおススメです。また、旬の金柑を半分絞って、もう半分は飾っておりますが、さらに絞って入れても良し、そのまま食べても結構です。

金柑は皮ごと召し上がれますので、是非旬の果実と一緒にご賞味くださいね♬

日時:2016.01.08 (金)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

年末年始は沢山食べて呑みましたでしょうか!?

そんな身体を労わるというわけではありませんが、2016年ワインビストロ晴の初ワインフェアーは、テーマを『自然派』にしてみました。

自然派と言ってもいろいろあるのですが、今回は初めての方でも比較的飲みやすいタイプでご用意しております。

原材料の葡萄を有機栽培してつくるところもあれば、まったく薬品等を使わないところもあり、造り手の哲学と意志が詰まったワインとなっております。

 

自然派.JPG

今回は3種類で、それぞれスパークリングと赤・白になっております。

 

スペインからは、チャレッロ40% マカベオ30% パレリャーダ30%で造るオーガニックカヴァなんです。

 

フランスは、コート・デュ・ローヌで造られるミディアムテイストで、亜硫酸添加をギリギリまで抑えたワインです。流通量の少ないワインですので、こちらのご用命ははないもの勝ちとなりますのでご了承下さい。

 

イタリアは、マルケの伝統品種を使った古くから有機ワインを造っている歴史あるワイン。青りんごやハーブのニュアンスがある、麦藁色のすっきりした味わいは食前酒でもOkですよ♪

 

いずれも数に限りがございますので完売時はご了承ください。

また期間中一部フェアー対象ワインが変更となる場合がありますので、その際には改めてご紹介させて頂きます!!

この機会に、自然派ワインに触れてみてはいかがでしょうか♪

 

 

 

日時:2016.01.07 (木)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

昨年末に限定でご用意させて頂き、即日完売したスペシャルメニューが再登場なんです♬

お召し上がりいただいた皆様方々から、リクエストのご要望を頂いておりましたので、いよいよおススメメニューとしてご用意させて頂きます!!

サーモンかりかり.JPG

『タスマニアサーモンマリネの皮カリッカリ焼き 半熟卵添え』

 

見た目も素晴らしいコントラストの一品です!!

『お酒が飲みたくなる』とお召し上がりいただいた方は、皆様仰っていただきましたが、まさに白ワインや辛口スパークリングなんかとは合わせやすいポワソンでございます。

食べ応えも十分で、サーモンの旨味をシンプルにご堪能いただける、優しい味わいながら病みつきになる逸品ですよ♪

 

また焼き目のついたカリッカリの皮目が香ばしくて、お酒好きには堪らないかもしれませんね~。

本日よりご用意しておりますので、是非ご賞味ください!! 

日時:2016.01.04 (月)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

年も明け、2016年営業初日を迎える事になりました。

これも偏に皆様のご厚誼のおかげでございます。改めて本年も宜しくお願い申し上げます。

 

本日より、ワインビストロ晴は通常営業となります!!

今年も昨年以上に、新しい試みをしながらも、沢山の『美味しい』をお届けできるように、努力させていただく次第で御座います。

 

1月のおススメは、『身体に優しい』をテーマにしながら新年最初のフェアを検討しております。

定まり次第で、またご紹介させていただきます!!