日時:2016.05.30 (月)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

もうすぐ一年の折り返しなんて、早いものだと思っていたらすぐに過ぎ去ってしまいそうですね。

ますます暑くなることを期待しつつ、北海道の短い夏を満喫したいものです。

今日は、ちょっとおつまみにという新メニューの紹介です!

ソフトシュリンプ.JPG

『殻ごと食べれるソフトシェル海老のフリット』

ソフトシェル海老はその名の通り、脱皮直後の殻が柔らかい海老のこと。殻やしっぽの部分はもちろん、頭の部分もそのまま食べられるため、ソフトシェルクラブ同様に身と味噌の味を一緒に楽しめるのが特徴なんです!

海老は殻付きの状態で調理すると、旨味が閉じ込められて濃厚な味わいとなりますが、ソフトシェル海老もやはり味は濃いめ。殻をむかなくて良い分、絡んだソースとともにそのまま口に入れられのも嬉しいですね♬

お酒のちょっとしたおつまみにもおススメなんです!!

日時:2016.05.21 (土)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

今週末はすっかり初夏を感じさせるジリジリとした日ざしです。

天気にも恵まれて、なんだか北海道らしさがこれから感じる頃合いとなりますね~

当店にもこの時期旬のアレが入荷しましたよ!!

あすぱらえっぐ.JPG

『富良野産グリーンアスパラの茹で揚げ とろとろフライエッグと。。。』

北海道の初夏と言えば、やっぱり道央のアスパラですかねー。

瑞々しく、シャキシャキした食感もたまりません。ここはやはり、白ワインかシャンパーニュと合わせてみるのはいかがでしょうか♪

 

先日までご用意しておりました、ドイツワインフェアーはおかげさまで完売御礼に終了とさせていただきます。

本日より、当店人気の『そば粉のクレープつつみ焼き』が復活しますので、やはりここはフランスのブルターニュ産シードルを期間限定でグラス販売したいと思います!!

なお、グラスワインも一部初夏向けに変更になってますので、おススメのお食事と是非マリアージュを試してみてください♬

 

日時:2016.05.17 (火)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

先週の三吉神社例大祭から、ライラック祭り、よさこい祭り、北海道神宮例大祭、大通ビアガーデン、花火大会と一気にイベントが駆け巡っていく季節となってきました!

気温も夏日となる日も出てきて、これからがまさに白とスパークリングが美味しい時期なんです♬

 

zekuto.jpg

『ドクター ダインハード ダイデスハイム リースリング エクストラブリュット ファルツ ゼクトN.V.』

 

華やかなアロマと骨格のある辛口スタイルの瓶内2次発酵スパークリングなんですよ!

リースリング種の優しい柑橘類の香りやエレガントなスパイス香が泡の中に溶け合い、食前酒としてもおススメなんです。

また、なかなかドイツのスパークリングはご提供できるきっかけがなかったので、是非この機会に試してみてくださいね~♬

 

siruba-na.jpg

『ケスターヴォルフ シルヴァーナ クラシック Q.b.A』

 

淡いグリーンがかったライトイエローで、爽やかな柑橘系果実にハーヴやミネラルの香りが良いんです!!
比較的豊かな酸があり、爽やか印象も受けますが、溌剌としており、骨格のある味わいですね。

ミネラル感も広がり、キレが良く、しっかりとした味わいの辛口です。
酸味も穏やかで、フルーティ、程よくコクも感じられるバランスのよい仕上りで、幅広い料理に合わすことができ、和食にすら合わせやすい1本なんです!!

 

ドイツワインフェアーは、数に限りが御座いますので、完売時は何卒ご了承願います。

日時:2016.05.10 (火)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

GWも明けようやく在庫も揃いましたので、かねてよりご要望のありましたドイツワインのフェアーを始めたいと思います!!

皆さんドイツワインというと、一様に仰るのは『甘いんでしょ~』と云われるのですが、実は最近では辛口タイプも造り始めているんですね。

辛すぎないタイプもあるので、日本酒の様に同じ辛口でもいろいろあるような感じでしょうか。

意外と食中には、万能に合うような飲み心地がおススメです。。。

 

ヴァイサー.jpg

『ケスター・ヴォルフ ヴァイサー・ブルグンダー Q.b.A トロッケン』

エレガントで、バランスが良く、花梨、オレンジ、アプリコットなどの香りに、ほのかに甘いアロマを持っています。
微かな炭酸を感じ、きめ細かな酸味がたっぷり。舌を包み込んでやさしく刺激。

長い余韻と一緒に鼻から抜ける含み香が素晴らしく、豊かなミネラルがほろ苦く、輪郭の整った歯切れの良い飲み口。
凝縮した果実味に微かに甘さを感じ、艶のある旨みもあり、複雑で奥行きのある味わいなんです♬

※「ヴァイサー・ブルグンダー」はドイツ、オーストリアにおけるPinot Blancピノ・ブランの別名なんですよ~

 

 

トロッケン.jpg

『シュロスコブレンツ ユルツィガー シュバルツライ リースリング Q.b.A トロッケン』

 

どうしてこう名前が堅苦しくて長いんだろうとお思いの方もいるかとは思いますが、ネーミングは覚えなくとも『ドイツの辛口リースリング』と言っていただければご用意いたしますのでご安心ください!!

ミネラリーで酸味のあるリースリング。甘さは控えめながらアルコール度数も11.5%となっていて飲みやすく、フレッシュな梨のような香りとハーブの青さを感じますよ♪

 

カビネット.jpg

『シュロスコブレンツ グリュースラーター ザンクト ミヒャエル リースリング カビネット』

ドイツ、モーゼル、リースリングで造られる甘口ワイン。

 洋梨、白桃、パイナップルの甘い香りが貴重だが、スッと鼻に抜ける酸のニュアンスがあります。

アタックで甘みとピリッと舌に感じる酸が同時にありますが、その後酸味は消え、ふくよかな果実味が残るんです♬

 

酸味と甘味のバランスが非常に良いので、カビネットですがそれ程強い甘味に感じませんので、これなら食中でもお飲み頂けるかと思います。

 

以上、上記3種類をバイザグラスにてご用意しております。

春先飲む、優しい味わいのドイツワインと合わせてお食事なんていかがでしょうか~♬

日時:2016.05.05 (木)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

GWも後半で、中々天候がすぐれないですがせめて春らしいものを食して、気持ち晴れやかにするのはいかがでしょうか!!

今日は、この時期限定の自家製スイーツのご紹介です。

 

フレジ江.JPG

『苺のガトー 晴オリジナル フレジェ』

フランスでは春の代表的な苺のガトーなんです。

ところで、《フレジェってなんですか?》という質問がお客様からもあったので、ここで簡単に説明いたしますね!

日本でいうところの苺のショートケーキというのが、イメージ湧きやすいでしょうかね。

 

フランス本国のフレジェとはちょっと異なるのですが、不二家の創始者フランス風ショートケーキとして販売したのが日本に伝わった最初といわれています。もともとイチゴは南米原産の果物で18世紀にフランスへ伝わったものだそうです。フランス人のフランソワ・フレジエという人物が南米から持ち帰り、ブルターニュ地方の町プルガステルに移植して広めたとのことである。現在ここにはイチゴ博物館なるものがあり観光名所ともなっている。どうやら、このフレジエという人物の名前をとって、フランスではイチゴを使ったケーキにフレジエという名前をつけたのではないだろうかというのが定説のようです。

 

いずれにしても、年代を超え、国を超え、真っ赤なイチゴには、人間を虜にしてしまう魅力があるようです。そして、それこそが、世界共通の美味しさなのかもしれないですね♬

 

さて、GWが明けまして準備が整いましたら、今月はドイツ白ワインフェアーを行います!

甘いワインのイメージしかなかった方も是非ご賞味ください。

最近では、キリッとした辛口の白ワインも造らていますので、これまでのイメージを覆すかもしれませんよ♪

 

始まりましたら、また改めてご案内させて頂きます!!