カレンダー
最新の記事
カテゴリ
月別アーカイブ

日時:2016.12.26 (月)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんちは。

先週は忘年会とクリスマスと、非常に活気に満ち溢れた1週間で、天気も大荒れという事で色んな意味で記憶に残るクリスマスウィークでしたね。

今週でいよいよ本年のラストウィークとなりました。

ぼちぼち仕事納めの方もいらっしゃることだろうと思いますが、年内の当店の最終営業日は29日となっておりますので改めてご案内申し上げます。

 

今週はお仲間内の最後の忘年会や、懐かしい仲間との食事会など機会が増えるかと思います。

当店ならびに、姉妹店ビストロ晴テラスも、お席の事前ご予約を承っております。すでに、団体席は埋まってきておりますので、いずれかの店舗でお問い合わせいただければと思います。

 

師走のラストも、最後まで走り抜けれるように、皆様方々のお越しをお待ち申し上げます。

 

 

 

日時:2016.12.24 (土)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

お陰様で、ご褒美ワインフェア全行程完売御礼でございます。

ご注文頂きましたお客様方々には、改めて御礼申し上げます。

 

しかし、まだ年内営業日がありまして。。。何かやらないのというお声もいただきましたので、ラストのラストという表現は間違っていますが

トスカーナワインで締めくくりと行きたいと思います!!

mserini.jpg

『ラ セルヴァネッラ キャンティ クラシコ リゼルヴァ'11 メリーニ』

フレンチオークの小樽で30ヵ月間熟成させており、香りは濃厚、複雑でラズベリージャムやクローヴ、ヴァニラなどの香りが感じられます。味わいはドライで、アルコールのボリューム感や凝縮感があり、長い持続性の中にはローストしたアーモンドやベリー系の果実の風味が楽しめるフルボディワインなんです!!

今年の締めくくりの一杯として、限定バイザグラスにてご提供いたします♬

日時:2016.12.24 (土)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

昨夜は悪天候の中、当店にご来店頂きまして誠に有難うございます。

本日はうって変わって晴天ですが、ここ最近の暖かさに慣れていたので、急に冷え込んだ感がありますね。

ちょっと温かいものを食べて、身体を温めるなんていかがでしょう♬

pai.JPG

『ホタテとお魚のムースのパイ包み焼き ~エストラゴンマスタード ソースで~』

見た目も綺麗で、迫力のあるパイ包み焼きなんです!!

サクサクの食感と、しっとり旨みのあるムースが美味しい一品です。

やはり合わせるなら白ワインがおススメですかね♪

 

混み合っている場合は、ご提供までにちょっとお時間を頂くことが御座いますのでご了承ください。。

日時:2016.12.23 (金)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

今日から3連休ですが、異常な低気圧の接近で、道内は大荒れのようです。

折角のクリスマス時期なのですが、あいにくの天気となってしまいました。

しかし、ポジティブに考えればホワイトクリスマスになったと思えば少し楽しくなりますかね(^^ゞ

 

 

今日からのクリスマス期間は、当店はいつもと変わらず通常営業となっております!!

特別、クリスマスディナーとなっておりませんので、気軽にいつものようにご利用いただければと思います♬

kannpe-.png

なお、本日、明日ともに時間帯によってはお席をご用意できない場合が御座います。誠にお手数をお掛けしますが、当店までお電話いただければ空き状況等お伝えできますので、是非ご来店の前にご確認のほど宜しくお願い申し上げます。

 

日時:2016.12.21 (水)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

いよいよクリスマス間近となくると、なんだか年末の雰囲気が一層感じるようになってきます。

今日は冬至ということですが、なんだか全国的にも暖かいらしく、札幌もなんだか路面が解け始め非常に歩きにくいですね。

ちなみに、沖縄では夏日だそうです!!

 

さて、12月恒例のご褒美ワインフェアのファイナルとして、ラストはやはりビストロらしくフランスワインに決定しました!!

toxurunu.JPG

『シャトー トゥルヌフィーヌ'10 ラランド ポムロル』

ラストはボルドー右岸ワインでいきます!!

10年ヴィンテージで、飲みごろのザ・ボルドーワインで今年の締めくくりはいかがでしょうか?

 

メルロー種とカベルネフラン種で造られるワインは、豊かな果実味とスパイスの香味が広がり、熟成したエレガントなタンニンとバランスの良さを併せ持つ、骨格のしっかりとした赤ワインです♬

よく聞くワインの余韻を愉しむにはおススメの1杯ですよ~

 

やはり、ここはお肉料理かしっかりめのチーズなんかと合わせると良さそうですね♪

なかなか普段はグラスではご提供できないワインだと思いますので、是非この機会にご賞味ください。。。

日時:2016.12.19 (月)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

師走も遂に折り返しとなりました。

先日までのスパートスカーナワインも、お陰様で完売となり、今週は皆様からもリクエストがありましたカリフォルニアは、ナパ・ヴァレーのカベルネソーヴィニヨンを完全数量限定でグラスにてご用意致してます!!!

napa-highlands-cab.jpg

『ナパ ハイランズ カベルネソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー'12』

ナパ・カベルネは数あれどそのスタイルはもちろん様々であり、中にはボルドー寄りの味わいを意識したワインもままあります。ナパ・ヴァレーのアイデンティティをどのあたりに定めるか、色々な意見がありますが、こちらは二つに大別される内一方のスタイル。
存在感のあるこういったワインこそに、より多くのナパCABファンの支持が集まるものでしょう。

味わいは、タンニンのアタックから完熟果実のニュアンスもふんだんであり、中々大きな体躯を持つ男性的なワインです。

黒系のベリー類やクレーム・ド・カシスの香りに、ほんのりと漂う針葉樹の葉、香辛料、薬味、漢方薬をイメージさせるハーブ類のアロマ。口中ではドライフラワー、焙煎モカ、ダークチョコレートの風味が表れ「黒」の印象が一層と膨らみます。

充実した果実味にやや高めのアルコール感もバランスが取れており、ワイン単体で楽しめるほか料理との相性も妨げられません。軽いバニラ香漂う余韻はしっかりと長く持続します。
炭火焼の肉料理や濃厚なソースのパスタ、味わい濃い目のチーズに良く合うんです♬


非常に変化に富むワインで、余韻を楽しみながらしっかりとした飲み応えのある人気のナパワインを是非ご賞味ください!!

日時:2016.12.16 (金)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

ご褒美ワインでご用意してましたシュヴァリエ プティット リュンヌ ブランも、お陰様で完売御礼となりました。

久しぶりのボルドー白ワインは、いかがだったでしょうか?

それでは、白ワイン第2弾はちょっと嗜好を変えまして、どっしり系でご用意してます!

arutare.jpg

『マラミエーロ アルターレ トレッビアーノ ダブルッツォ'13』

トレッビアーノ ダブルッツォといえば「すっきりとしたフレッシュな味わい」というイメージのワインが多いですが、このアルターレはまさに噛めるよう。包み込まれるような余韻も感動的なトレッビアーノなんです!!

厳選されたトレッビアーノのみを使用し、100%新樽で醗酵・熟成を行った厚みのあるフルボディに仕上がっていますよ。

私自身試飲の際は、上記のとおり今までの爽やかなトレッビアーノの概念を吹き飛ばす、それくらい圧倒的でした!!そんな違いを愉しんでいただければと思います♬

 

濃厚でパワフルなボディを持つ白ワインなので、約14.5度の高いアルコールとコクがもたらす甘味、そしてミネラル感とのバランス。濃厚でどしんと迫るようなダイナミックな味わいです。ハチミツトーストやオレンジ、スパイスのアロマが感じられます。エビやカニといった旨味の強い料理から、濃厚なクリームソースを使った鶏肉料理等、リッチな食事に非常に良い相性を魅せてくれますので、是非今夜のディナーと合わせていかがでしょうか?



 

 

日時:2016.12.15 (木)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

お陰様で、前回ご紹介した『オリン・スウィフト アブストラクト』は完売御礼となりました。

カリフォルニアワインはなかなかご好評頂き、あっという間な感じでした。

取り急ぎ、第3弾もなかなか普段出せないワインとなっておりますのでご紹介いたします!!

mozakiko.png

『ファットーリア カザ ディ テッラ ボルゲリ ロッソ モザイコ'11』

年間4000本しか造られない希少な憧れのイタリアワインは、スーパートスカーナなんです!!


ワインの法律にとらわれず、本当に美味しいワインを自由に造りたいという生産者の思いから生まれました。
使用品種に厳密にこだわる格付けの規制を打ち破り、外来種を含めさまざまな品種をブレンドして、高品質なワインを造り始めたのがきっかけです。
自分たちの独創性、求めるスタイルを貫くために、時に格付けを捨て、地酒(IGT)としてワインを造っているのが、いわゆるスーパートスカーナなんですね~。

濃密なタンニンが感じられ、余韻は非常に長く感じる1杯となるかと思います!是非、トスカーナワインにご興味があればご賞味ください♬


 

 

日時:2016.12.12 (月)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

年末に差し掛かり、忘年会もそろそろ始まる頃合いかと思いますが、そんな時にワインを飲む機会があるかと思います。

しばしば『重いワインお願いします!』なんて伺いますが、それではワインの表現としての『重い』っていうのはどういうことなのでしょう?

ちょっと覚えとくと、自分の好みのワインを伝えたりするのにも便利ですので、今回はワインの表現について考察してみたいと思います!

 

wianndesu.jpg

ワインと一言で言っても赤ワインがあり白ワインがあり、そしてロゼワインもスパークリングワインもあります。さらに発酵前や発酵途中に高いアルコールを加えた酒精強化ワインや極甘口の貴腐ワインなど、ワインには様々な種類があります。

そんなワインの飲み心地を表すときに「重いワイン」という言葉をよく伺います。

何となく濃いんだろうな......というイメージは沸くものの、実際に「重い」と表現されるワインはどんな状態なんでしょうか? 

 

 ワインの味わいの豊かさを表現するときに「ボディ」という言葉を用います。このボディはアルコール度数の高さ、ブドウの濃さ、赤ワインの場合はタンニンの多さ、白ワインの場合は樽熟成の有無などで重さが変化するんです。

 

ライトボディ、ミディアムボディ、フルボディと3つの種類に分かれていて、ここでいうフルボディが「重いワイン」になります。

ちなみに、よくボディの表現は赤ワインのみにされると思われていることが多いようですが、白ワインを表現するときにも使われているんですね。しかし、白ワインについては甘口/辛口で表現したほうがわかりやすいことから、ボディでの表現をする人は少ないようです!

 

話は戻しまして、『重いワイン』であるフルボディは、要約すると次の3つの項目で判断されます。

1.アルコール度数が高い

2.タンニンが多い

3.果実っぽい香りではなく腐葉土やタバコ、ヴァニラなどの熟成香が強い

 

 飲んだとき一口目の印象が強く、ストレートを腹に一発ガツンとお見舞いされたような衝撃があるようなワインはフルボディであると覚えておくと、分かりやすいかもしれませんね。そういうワインは大抵アルコール度数が高くてタンニンが多いか樽による熟成香がある場合が多いみたいですよ♬

 

一般的に飲みなれた方は、フルボディを好む方が多いですが、食事に合わせてタイプを選ぶのも宜しいかと思います。

当店でも、ブドウ品種や、国、重さ、お好きな味わい、香りなどお伺いしながら、ワインをおススメさせていただいておりますので、是非気軽にご用命のワインの好みを伝えてみてくださいね♬

日時:2016.12.10 (土)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

相変わらず珍しいビールを見つけては、季節ごとにご案内しているのですが、この冬にぴったりの優しい味わいの国産ビールをご紹介いたします。しかも、ネーミングも冬の北海道にぴったしなんです!!!!

snow.jpg

『白雪長寿蔵 スノーブロンシュ』

いわゆる、小麦を原料としたベルジャン・スタイルのホワイト・ビールで瓶内に酵母が残る無濾過タイプの上面発酵ビールなんです。
フレッシュな酵母が切れのよい造り立ての味わいに加え、ハーブのコリアンダーとオレンジピールの爽やかな酸味と香りが特徴です。爽やかな酸味と香りをお楽しみいただけます。日本では法令上「発泡酒」と表示しています。

白雪長寿蔵スノーブロンシュは、世界で最も歴史があり、かつ権威のあるビール業界のオスカー賞と称されるBIIA2011(The Brewing Industry International Awards 2011)において最高金賞"チャンピオン・ビール"を受賞しているんです!!
BIIAは、1886年に創設され125年の歴史を持つ権威のあるビアコンテストです。
白雪長寿蔵「スノーブロンシュ」は世界42カ国、796銘柄のビールの中から、スペシャル小麦ビール部門の金賞を受賞。さらに最高金賞を受賞し、その中でも"Champion Speciality Beer"(チャンピオン・スペシャリティー・ビール部門)で優勝しております。

 

日本最古の蔵元が醸造する香り豊かなホワイトビールです。

兵庫県は伊丹の日本酒メーカーが手掛けるという、中々類を見ないビールなんですが、これがまた優しい飲みやすい味わいとなってます!!初めての白ビールにチャレンジしたい方には、是非オススメですね♬

日時:2016.12.08 (木)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

まずは先着でご用意しておりました『バローロ』が完売しましたので、ご褒美ワイン 赤ワインは第2弾に突入致します!!

今年は、なかなかグラスでは出せないものばかりなので、とくにカリフォルニアワイン好きには是非おススメです。

abusu.jpg

『オリン・スウィフト  レッドワイン アブストラクト カリフォルニア』

"ブストラクト"とは"抽象"を意味する名前のワインで、ナパ、ソノマ、メンドシーノ産のグルナッシュ、プティシラー、シラーのブレンドワインです。アロマはすべてのベリーとブラックフルーツにカラメル風味の樽の香りが溶け合って口いっぱいに広がります。どっしりした存在感で熟したチェリーとイチゴの濃厚な味わいが層をなし、フィニッシュは絹のような滑らかなタンニンが長く続いて後口を華やかにします。

 

どっしりとした濃い色合いの概念をもち、プラムやプルーン、ブラックベリーやダークチェリーなど黒い果実のほかに、黒蜜の香りやインク、スパイシーな香りなど様々な香りが力強く立ち込めます。

インパクトのあるボディながら、口当たりはまさにシルキー!!

様々なアロマが口の中に広がり、バランスの良い酸とバニラ風味の長い余韻と深い味わいを是非この機会にご堪能ください♬

 

こちらは、入荷数がかなり少ないアイテムなので、お早目にどうぞ!!!

日時:2016.12.08 (木)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

12月は新しい限定メニューが盛りだくさんなので、その都度ご紹介していこうと思います。

今日は、黒いスパゲッティですよ!!

いかすみ.JPG

『イカ墨のスパゲッティ』

イカ墨とは、イカが逃げる時に排出する黒い液体の事で、これは食材として利用することも出来ます。 

代表的なレシピとしては、パスタやパエリアなどが有名ですね。歯や口回りが真っ黒になってしまう事から、外食では食べる事をためらってしまう方も多いのではないでしょうか。しかし、イカ墨には驚くほど多くの栄養成分が含まれており、がんの予防にも効果があることも分かっているそうです!!

 

イカ墨にはアミノ酸、タウリンなどの栄養分が多く含まれているそうです。 タウリンは、肝機能を高めたり糖尿病の予防に効果的な成分です。

 そして、イカ墨は栄養満点な食材として以外にも、マウスの実験結果から「ガン予防」になる事が発表され注目を集めています。

 イカ墨の中に含まれている『ムコ多糖』という成分が、ガン細胞の増殖を抑える効果があるようですね。

 

ムコ多糖類には高い抗菌作用があり、病原体やウイルスを撃退する働きなどが確認されたため、ガンの予防にも効果的と発表されました。そして、損傷した細胞を新たに再生させる力もあり、ガン細胞の広がりを抑える効果もあるようですね。

 

そんな、ムコ多糖の主な効果ですが。。。

 

  • ガンの予防、抗ガン作用
  • 動脈硬化、心臓病の予防
  • 免疫力の強化、細胞の再生(傷の治り、産後の回復)を早くする
  • 血液を綺麗にし、血圧を下げる
  • 新陳代謝を良くする

 

このような大変多くの効果が上げられているそうです。

 また、ムコ多糖は関節の潤滑油と同じ働きをする事から、健康食品にもなっている成分なので、

 

  • 関節痛の緩和、関節の動きを良くする
  • 椎間板ヘルニア、変形性膝関節症の予防

 

などにも効果的と考えられています。

 

イカが吐き捨てるにはもったいないほどの、栄養と効能を兼ね備えた万能食材だったようです!!

日時:2016.12.06 (火)|カテゴリー:平下の雑談




平素は格別のお引き立てを賜り誠に有難うございます。

今年も残すところ、あと3週間ほどなりました。

今月は、11日(日)は臨時休業とさせていただきますが、18日(日)と25日(日)は営業させていただきます!!

 

年内は29日が最終営業日となっており、恐れ入りますが営業時間が若干短くなりますのでご了承願います。

なお、年明けは4日から営業開始となりますので合わせてご案内申し上げます。

 

とくに、年末のご予約は殺到する恐れがありますので、早めのご連絡をお願いいたします。

残りわずかとなりましたが、何卒皆様方々のご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

                                                           ワインビストロ 晴

 

日時:2016.12.06 (火)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

今年最後のグラスワイン変更のご案内となります。

なんだか、今年は毎月変えてましたが、あっという間に1年が過ぎようとしているもので、やりきった安堵感と、来年どうしよっていう焦りで一杯でございます。

それでは、12月のバイザグラスのご案内です。

gurasusiro12.JPG

左から簡潔に紹介していきますー

『ドメーヌ ド レピネ ミュスカデ セーヴル エ メーヌ』(フランス)

『バロン フィリップ ド ロスチャイルド エスクード ロホ シャルドネ』(チリ)

『カール ファフマン グラウブルグンダー Q.b.A トロッケン』(ドイツ)

『バタフライリッジ リースリング ゲヴェルツトラミネール』(オーストラリア)

『ピポリ ビアンコ グレーコ フィアーノ』(イタリア)

 

ぐらすあか12.JPG

『ヴェガ デル オリゴン  グラン リゼルヴァ ガルナッチャ シラー』(スペイン)

『ブラックオーク カベルネソーヴィニヨン』(アメリカ)

『シャンソン ル ブルゴーニュ ピノ・ノワール』(フランス)

『マルケス カーサ コンチャ メルロー』(チリ)

『ポッルーチェ ネーロ・ヴォーノ ラツィオ』(イタリア)

 

以上が12月のバイザグラスです。

白ワインは、スッキリ系から、華やかな香り、樽香のあるどっしり系、ちょぴり発泡を感じるライト系とバラエティに富んでご用意しております。

赤ワインは、季節のリクエストに呼応するかのように、やや濃いめのワインがラインナップです。

とくに、アメリカのブラックオーク カベルネはまだ札幌にはあまり見かけないワインかもしれませんので、是非ご賞味下さい!!

 

日時:2016.12.02 (金)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

12月恒例の『ご褒美ワインフェアー』開催します!!

本日より、まずは下記2種類のワインを数量限定ですが、バイザグラスでご用意いたします。

出来るだけ皆様に飲んでいただきたく、今回こちらのアイテムはグラスワイン飲みとなりますのでご了承願います。

12wain.JPG

『フォンタナフレッダ バローロ'11』

ピエモンテの王様バローロは、華やかで奥ゆかしい味わいなんです♪

 

『ドメーヌ ド シュヴァリエ ラ プティット リュヌ ブラン'15』

シュヴァリエの新ブランドワインです!!まだお飲みになっていない方は是非どうぞ♪

 

 

日時:2016.12.02 (金)|カテゴリー:




みなさんこんにちは。

12月はあっという間に過ぎてしまいそうなので、出来るだけ早く情報の更新をということで、早速ですが今月の限定メニューをしょうかいさせていただきます。

羊春巻き.JPG

『羊とひよこ豆の春巻き』

中東を感じさせるちょっとスパイシーな一品ですね。

見た目はボリューム感がありますが、ペロリと食べられてしまうのがなんとも不思議です。

ヒヨコ豆好きにも是非オススメで、春巻きのカリッと感がまた堪りませんね~♪

 

ちょっとしたつまみにも、メイン前の一品にも食べれてしまう春巻きは軽食としてもアリですよ!!

ちょっと重めの白ワインか、スパイシーな赤ワインと合わせてみてはいかがでしょうか?

日時:2016.12.02 (金)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

なんだか雨が降ったり、雪が降ったりと寒暖差が激しいので、何卒ご自愛ください。

今日は、赤ワインと合わせたくなる贅沢な逸品を限定メニューにてご用意しております!!

鹿.JPG

『知床産エゾ鹿ロースのステーキ』

エゾ鹿肉の特長の一つは、高たんぱくで低脂肪、コレステロールも低いヘルシーなお肉であるそうです。

牛肉や豚肉と比較してみるとその違いは歴然としています。脂肪の割合は、低脂肪な鶏のむね肉やささみとほぼ同じ。

さらに、脂質の「質の良さ」も魅力だそうです!脂質の質を決めるのは脂肪酸という成分ですが、エゾ鹿肉では、必須脂肪酸のリノール酸をはじめとする多価不飽和脂肪酸が畜肉よりも高い割合で含まれています。「これは、自然の中で植物をエサにしているエゾ鹿ならではのことで、家畜の肉と大きな違いだそうですね。

これを機に、完全自然食のエゾ鹿の魅力をぜひ知ってもらいたいです!!

グルナッシュ種やシラー種のようなスパイシーなタイプか、ピノ・ノワール種と合わせてもおススメですよ♬

 

日時:2016.12.01 (木)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

いよいよ師走となり、残すところもう少しなんてフレーズを何度使うのだろうかと考えながら書き込みしておりますが、年内も出来るだけ更新をしていきたいと思います。

今日はまず旬のおススメ料理のご紹介からです♪

madati.JPG

『道産真ダチのムニエル トマトソース』

冬の風物詩とでもいうのでしょうか、真鱈の白子のムニエルの登場です。

意外と道外の方には、タチでは伝わらず、これは一種の地方の言い回しのようですね。。

表面はカリッと、そして中身はクリーミーで絶妙な食感と、ソースとの相性がまた抜群の旬の一皿でございます!!

やはりここは、白ワインと合わせて頂きたいところですかね?

 

グラスワインも本年最後の変更を行い、12月仕様となりバラエティに富んでご用意しております。

こちらについては、また別の機会にご紹介させて頂こうと思います。

 

そして、12月は毎年恒例の『ご褒美ワインフェアー』を実施予定です!

初めての方もいるかと思いますので、簡潔に説明申し上げますと今年一年にご自分へのお疲れ様という事で、いつもとは違う1杯はいかがでしょうか?という企画でございます♪

ワンランク上のワインを、グラス一杯からでご用意します!!

なかなか普段バイザグラスではご用意できないワインですので、数量は限定となりますが出来るだけ皆様方々にお飲みいただけるようにご用意はさせていただきますので、この機会に是非ご賞味いただければと思います。

 

今年は、白ワインはシュバリエが手掛けるボルドーブラン、赤ワインは皆様からのリクエストもありましたイタリア赤ワインの王様バローロ、そして現在世界が注目するカリフォルニア、ナパヴァレーワインを予定しております!!

12月限定の料理も他にご用意しておりますので、こちらも後日合わせてご紹介させて頂こうと思います。。

 

今年ラストの月、思い残すことなく当店で美味しく、愉しく素敵な時間を過ごしていただけるように、スタッフ一同お待ち申し上げます。