日時:2017.05.01 (月)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

今年は穏やかな天気となりそうな感じですが、最低気温をみると北海道はまだ1桁なんですね><

早く上着が必要のない暑さを感じたいものですが、個人的にはほどほどに涼しいこの春と秋口が大好きですね!

 

おかげさまで、ロワールワインフェアーはすべて完売御礼となりました。

なかなか自然派のワインをご提供するには色々考慮致しましたが、評判もまずまずという事でしたので、、また機会があれば自然派ワインのフェアーは実施してみたいと思います。。

さて、GWに合わせて今回はこれまでには出したことこのないタイプのワインをバイザグラスでご用意しておりますよ♬

rosupi.JPG

『ヴァディアペルティ コーダ ディ ヴォルペ'15』(イタリア)

右側の文字一杯のワインは、カンパーニャの土着品種コーダ・ディ・ヴォルペ種で造られる辛口白ワインです。

私も初めて聞くブドウ品種でしたが、試飲してみたところミネラル感もあり、ちょうど今の時期にピッタリな軽快さもありますね♬

 

ラテン語で『キツネのしっぽ』という意味のブドウらしいです。ブドウの房の形が、キツネの尾のような形になることからこの名がついたそうで、白い花の香りや柑橘類の皮や完熟した洋ナシの香りも感じられます。

是非、珍しい葡萄品種に興味のある方はお早目にご賞味ください。。

 

『ジェラール ベルトラン シャトー ロスピタレ ラ レゼルヴ'14』(フランス)

左側のワインは、一見ボルドーに見えますが、ラングドックなんです。

深いルビーレッド色をしており、口の中で柔らかくバランスの良い風味を示すこのキュヴェは、ジャム・ブラックチェリー・レッドカラントの果実味豊かな味わいが広がり、甘草・ジンジャーブレッドグリルの含みを伴います。

 

一口飲んで、シンプルに美味しいと感じるワインは、上質なタンニンを感じさせ優雅な1杯ですね!

シラー種・グルナッシュ種・ムールヴェルト種のセパージュで、アロマが風味に反映され、しっかりと融和した後味でエコーします。。