日時:2017.06.27 (火)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

なんだか気温差が激しい毎日で体調崩されてはいないでしょうか?

先週、私も頭痛と熱、極度の喉の痛みがあり、病院に行ったところ鼻炎と風邪が同時に起きて、鼻および喉の粘膜が炎症起こしていたらしいです。それでも、病院の薬を飲むとすごいもんですねー。2~3日で痛みが引き始めました!!

これで、ようやく味と香りがわかります><

今までは自力で完治させる方がいいと思ってましたが、正直病院行った方がやはり早いことが勉強になりました。。。。

 

さて、今日は以前ご来店頂きましたお客様からの一言で出来た限定メニューのご紹介なんです。

あべ.JPG

『あべ鶏のソテー ディアブル風』

カリッとバリっとした鶏肉が食べたい!というリクエストがあり、ようやくご用意できました!

当店のディアブル風は、マスタードと香草パン粉でジューシーにカリッと焼きあげてます。

既に、お客様方々からはレギュラー入りでいいよとお声を頂戴しておりますが、取り急ぎ只今は数量限定メニューにてご紹介しております♬

 

合わせるなら、しっかりめの白ワインやロゼでもいいかもしれませんね~♪

ちょっと体力低下気味の時には、是非おススメの一品です!!

日時:2017.06.21 (水)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

イタリアワインの格付け『DOCG』と『DOC』について、お客様から質問がありましたので、今日はこれについて考えてみたいと思います。

イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっているそうです。

簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものですね。

フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)ということなのです!!

 

DOCG.png

そして、ワイン名のつけ方には2つのポイントがあるようです。

 

①土地の名前そのもの⇒例)バローロ、バルバレスコなんてのがそれです

②品種 di 土地⇒例)バルベーラ ダスティ、バルベーラ ダルバみたいの

 

現在DOCは約330個、DOCGは74個あるそうです。DOCからDOCGへ昇格することもあるので、毎年その見直しが行われています。

しかしながら、DOCからDOCGへ昇格したもの中には「品質」の評価ではなく、「政治的」事情で昇格が認められたものも一部あるそうです。

そして、この現状に不満をもったのが消費者と生産者です。特に1970年代にはトスカーナ州のキアンティの造り手たちは失望しました。そこで、キアンティDOCGを放棄し、品質分類の一番下の等級Vino(当時はVino da Tableと呼ばれていた)で自由にワインを造る生産者が次々と誕生したのです。

彼らのワイン造りの特徴は、フランス系のブドウ品種を巧みに使うことです。品質に重きをおいたワイン造りも功を奏で、あっという間にキアンティDOCGよりもVinoの等級で造られたこれらのワインのほうが高い人気を誇るという逆転現象が巻き起こされたのです。これが「スーパー・ヴィノ・ダ・ターヴォラ」の誕生なんだそうです。

 

この動きは型にはまるのを嫌うトスカーナの生産者の間で盛んにおきたので、これがいわゆる「スーパー・トスカーナ」なんですね!!

 

つまるところ、DOCGやDOCでもそうでもないワインでも素晴らしいものがあるイタリアワインということです。

そうなると、銘醸産地や優良な生産者を覚えて飲むの方が利口なのかもしれませんね~♬

 

 

日時:2017.06.20 (火)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

なんとなく初夏らしい日ざしですが、昼夜の寒暖差があって体調が崩しやすい時期でもあります。

先日、沖縄からいらした方は『沖縄の冬だ!』と仰っていましたね。。。

くれぐれも皆様方々、ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

 

今日は、限定入荷したワインの紹介です。

るいじゃど.jpg

『ルイ・ジャド ブルゴーニュ・ブラン クーヴァン デ ジャコバン'14』

150年続くブルゴーニュの老舗ルイ・ジャド社のワインには、虚飾のない本物が持つ純粋な美しさが感じられます!

コート・ドール、コート・シャロネーズ、サン・ヴェランからの良質なシャルドネ品種を使用しており、ステンレスタンクと樽での発酵・熟成によって造られます。

淡いレモン色を放ち、桃、洋ナシ、グレープフルーツなどの果実香と白い花を主軸に、バニラの香りもかすかに加わります。心地よい酸味とまろやかさの調和のとれた口当たりで、美しい余韻が楽しめますよ♬

「フルーティーでエレガント」という、シャルドネの特徴が掴みやすい白ワインです!

 

なかなかグラスではご提供していなかったブルゴーニュブランです。

今回はメーカーさんのご協力もあり、数量限定にてバイ・ザ・グラスでご用意しております。通常のグラスワインでも、シャブリとカリフォルニアのシャルドネも開けていますので、3つの異なるシャルドネを愉しんでいただけたらと思います!!

 

 

日時:2017.06.14 (水)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

今日から北海道神宮例大祭で、札幌の夏が始まる感じですね~

今日は久しぶりに、お客様からのご質問もありましたので、ちょっと雑学を少しテーマにしたいと思います。

 

ワインを飲んでる方で、周りを見るとグラスを回している方を見かけはしないでしょうか?

昨今はTVでもよく見かける光景で、なんだかワインって回しながら飲むものなの?なんて思っている方も少ないはず。

だからこそ、なんだかワインって難しそうって敬遠しがちですが、意味が分かれば実は奥が深くて興味深くなるんです!!

 

まず、グラスを回すことを「スワリング」といいます。

スワリングの目的は、「閉じているワインの香りを開かせること」、また「空気に触れて酸化することによって熟成が進み、ワインの角がとれてまるくなり、飲み頃になる」という効果があるんです。

スワリングすることで、ワイングラスの中がワインの香りで満たされ、香りを楽しむことができます。スワリングをしない状態と、スワリングをした直後のワインの香りは大きく異なるので、ぜひ試してみて下さい。

ちなみにグラスを回していますが、回しているのはもちろん中身のワインのほう。グラスだけ揺れて中身が回っていなくては意味がありませんから、あしからず。。。

 

suwai.png

回す方向は自分の方に向けて内回り、右手で持つ場合は反時計回りです。

左手で持つ場合は時計回りに回したほうが溢れた時に安全ですが、これが必ずではありません。万が一失敗した時にもワインが隣の人にかからず、自分にかかる確率が高いため、マナーとして覚えておいた方が良いでしょう♬

また、回せば良いというものではなく、自分にとってちょうどいい味わいであれば回さなくても構いません。

まずワインが提供されたら、回さずに香りを嗅いで味わってみましょう。その時に「ワインが閉じているな、固いな」感じたら、しばらく置いて、味わいの変化を楽しみたくなった時にグラスを回してみるのがいいかもしれませんね~

もっと味が開いたほうがいいな、と感じたらデカンタするのもいいと思いますし、熟成しているワインであれば、スワリングしなくても大丈夫です。

あまり難しく考えず、試しに自分好みにするのにグラスを回してみるのはいあかがでしょう。。。。

日時:2017.06.03 (土)|カテゴリー:平下の雑談




お客様各位

 

平素は格別のお引き立てを賜り誠に有難うございます。

6月の休業日のご案内を申し上げます。

 

□6月4日(日)

□6月11日(日)

□6月12日(月)

□6月18日(日)

□6月25日(日)

 

ご予約等のお問い合わせにつきましては、恐れ入りますが

上記休業日以外でご連絡賜りますよう宜しくお願い申し上げます。