カレンダー
最新の記事
カテゴリ
月別アーカイブ

日時:2017.11.08 (水)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

11月の第3木曜日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日なんです。もちろん、フランスでもお祭り騒ぎになりますが、日本でも一年で最もワインが飲まれるほど盛り上がります。普段ワインを飲まない人も、飲んでみようという気になるのがこの時期ではないでしょうか。

そんなボジョレー・ヌーーにはガメイという黒ブドウの品種が使用されています。今回はそのガメイの特徴や多く栽培されているボジョレー地区について考察してみます。。。

 

Gamay.jpg

ボジョレー・ヌーボーは、フランスのブルゴーニュ地方最南部にあるボジョレー地方の新酒のことなんです。ボジョレー・ヌーボーは、ワイン法でガメイしか使用が認められていません。

ブドウを二酸化炭素が充満したタンクに入れて蓋をした後、2~3日浸漬することにより色や香りを抽出してワインに仕上げる「マセラシオン・カルボニック法(MC法)」で造られています。同じブルゴーニュ地方の赤ワインは、ピノ・ノワールが使用されたものが多いのですが、それに比べてもっと軽快な味わいでミネラルや酸味と言ったエッジが強いことも特徴のひとつですね。

ちなみに、フランスの新酒はボジョレー・ヌーボーしかないと思われがちですが、フランスでは、新酒のことを「ヴァン・ド・プリムール」と呼ばれ、実は20種類(AOC)の新酒がつくられているそうです。。

 

なお、当店では例年通り、ボジョレー・ヌーボーはグラスにてご提供致します!!

今年はボージョレで最上品質のクリュを持つレ・ヴェネロン・ドゥ・ベルエアのヌーボーをご用意いたします。

 

『ボージョレ ヴィラージュ ヌーボー ドメーヌ デ ドゥ フレール』

限定3000本のヌーボーなんです!

当店でも既にヌーボーご希望のご予約も殺到しておりますので、場合によっては即完売の恐れもありますので、どうしても飲みたい方はお早目にお願いします。。。