日時:2017.11.22 (水)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

今日はちょっと歴史深い限定料理のご紹介です。

ナポレオン1世の料理人であったデュナン氏が造り上げたことに起源する逸品ですよ。

marenngo.jpeg

『あべ鶏のソテー マレンゴ風』

ミラノ近郊にある小村マレンゴにて、ナポレオン1世の料理人であったDunand(デュナン)によって作られた料理とされています。

マレンゴの戦い(1800年6月14日マレンゴにてナポレオン・ボナパルトがオーストリア軍を破った戦い)の夜に、混乱で荷物が失われてしまったためにその場にあった材料をかき集めて、突発的に創り出された料理ではないかと言われているそうです。トマトとにんにく入りの鶏の白ワイン煮込みにえびやエクルヴィス、クロスティーニ(クルトン)、目玉焼きが添えられるのが原型です。

 

そして、フランスの料理人が考案した鶏のソテー マレンゴ風は、年月がたつにつれて、エクルヴィスと揚げ卵に代わり、シャンピニョン、茶色にグラッセした小玉ねぎ、焼いたクルトンが付け合わせとなりました。海老の香ばしさと、鶏の旨み、そしてムッシュ・デュナンの冷や汗が生み出した、見事な逸品なんですね~

 

何かに挑む前の方は、ナポレオンの勝利の縁起を借りて、これを食べてみるなんていかがでしょう♬

少し歴史に思いを巡らせながら、ワインと合わせるのも楽しいですね。。。。