日時:2018.01.13 (土)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

もう来月には雪まつりも控えているという事で、ちょっと早いですが冬らしいビールをご紹介です。

今回で最終入荷なので、雪まつり前に完売するかもしれませんが、お飲みになったことのない方は是非この機会にご賞味ください♬

OB-003.jpg

『エーデルワイス スノーフレッシュ』

エーデルワイスヴァイスビールのレシピに爽やかなアルペンハーブをブレンド。
しっかりしたヴァイスビールの味わいと、爽やかなアルペンハーブの香り。そして飲んだ後の爽快感。
他のビールとはまったく異なる爽やかで薫り高い逸品です!!

ゴクゴク飲めるすっきり感のあるビールは、お料理とも合わせやすいですね♬

 

 

日時:2018.01.13 (土)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

今日はセンター試験で、各地天候に悩まされた一日の模様ですが、受験生にはこれまでの勉学の集大成になるかと思うので頑張っていただきたいものです。

今日は本日限定のグラスワイン紹介です♬

kyou.jpeg

『マラミエーロ アニマ トレッビアーノ ダブルッツォ』(イタリア)

輝きのある鮮やかな麦わら色の外観。白い花や白い果実の完熟した香りがあり、ミネラルやルバーブのニュアンスも感じられます。

木樽を一切使っていないとは思えないほど膨らみのある果実味なんです!!フレッシュで丸みを帯びたキレイな酸が、果実味をしっかりと支えているためバランス感のある、やさしくて飲み心地の良い仕上がりですよ♬

心地よいミネラルがよりいっそう美味しく感じさせてくれます。。。

 

『ボデガス カロ アマンカヤ グラン レゼルヴァ』(アルゼンチン)

シャトー ラフィット ロートシルトのバロン・フィリップとアルゼンチンのトップメーカーであるボデガス・カテナ社が造る、マルベック種とカベルネ・ソーヴィニヨン種のが一つになったフルボディタイプ!

輝くような赤紫の美しい色。赤系フルーツのニュアンスのあるフルーティーな香りがあります。

口に含めば、オーク樽からくる燻製したバニラにニュアンスが感じられ、非常にフレッシュでよく調和した凝縮感が口内に広がります♪

非常にソフトで、長く持続するタンニンが素晴らしいバランスを保ってます。。是非、お肉と合わせたい味わいですね。

日時:2018.01.10 (水)|カテゴリー:




みなさんこんにちは。

今日から北日本と日本海側は大荒れになるそうです。

でも週間天気予報を見る限りでは、札幌は晴マークでしたが急変するとうことなんでしょうかね。。。

いずれにしても、受験も近いことだと思うので天候が落ち着くことを祈りたいものです。

 

今日は珍しくペンネのご紹介です。

ちょっとしたおつまみにもなるショートパスタは、残ったソースをバゲットで食べるのも最高なんです♬

仔羊ラグーペンネ.jpeg

『仔羊のトマトラグーペンネ』

スパイシーな仔羊と、トマトの酸味が相まって食欲のそそるパスタなんです!!

旨味たっぷりのソースは、仕上げにバゲットにつけてお召し上がりください。

果実味豊かな赤ワインや、ロゼでもいけるかもしれませんね~♬

日時:2018.01.10 (水)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

フランスやハンガリーで鳥インフルエンザが発生し、輸入制限措置がとられているフォアグラですが、インフルエンザ前にパッキングされたフォアグラが少量ですが入荷しました。

以前はグランドメニューでご提供できたのですが、今回は数量限定メニューとなります!

フォアグラ好きの皆様には、大変申し訳ありませんが何卒ご了承願います。。。

ふぉあぐら.jpeg

『フレッシュ フォアグラのソテー 焼き林檎と』

フォアグラは、世界三大珍味として有名な食材です。ガチョウやアヒルなどに沢山の餌を与えることにより、肝臓を肥大させて得る。フランスではクリスマスや祝い事の伝統料理となるそうです。

濃厚な味であるため、フランス料理の食材の一つとなり、宮廷料理となったり、美食家、富裕層に食されるようになりました。

今回は数量限定の入荷の為、完売時は何卒ご了承願います。。。

日時:2018.01.06 (土)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

 

年末はバタバタして、あっという間の年越しだったような気がします。

ブログの更新もままならぬ状態でしたが、年明けはまたいつものペースで更新できたらと思います。

まずは、新年最初のおススメワイン紹介です。

reru-si.jpeg

『アリアニコ デル ヴルトゥレ レルーシ』

アリアニコの強いタンニンを早い段階で樽のタンニンと馴染ませる為にアルコール醗酵はステンレス・タンクで醗酵を始め、MLFは新フレンチバリックにて行います。その後違う新樽に移し替え14〜16ヶ月熟成。

ワインのキャラクターの方向性としては『濃厚なアリアニコ』ではなく『火山性土壌のミネラルが表現された味わい深いアリアニコ』なんです。

黒色系果実のニュアンスが強く感じられプラムやブラック・ベリーのニュアンスの中にスパイスやミネラルのアロマが感じられます。

樽の風味は程よく、口中では力強いタンニンがミネラルと共に広がり、余韻にまで長く続きますよ♬

私の大好きな真っ赤なラベルが印象的なこちらのワインは、バジリカータ州で造られます。アルコール感は強いいですが、バランスが良いですb