日時:2018.06.02 (土)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

ようやく上着がなくても歩けるようになってきました。

ジリジリとした日ざしが感じられると、北海道にも初夏が来たように思えます。

暑い時にこそ、なぜか食べたくなるスパイシーな料理!今日はそんなマカオのソウルフードをご紹介なんです!

afurikann.jpeg

『アフリカンチキン』

さまざまなスパイスにココナッツミルクを加えて作るマカオの名物料理、アフリカン・チキン。

しかし、ひとえにアフリカン・チキンといっても、レストランごとに工夫を凝らしたスパイスや調理方法によって、その味は千変万化なんだそうです。基本となる香辛料のピリッとした刺激とソースの甘みは大航海時代のロマンの味なんですね~♬

 

はじまりは15世紀の大航海時代。ポルトガルのヴァスコ・ダ・ガマが喜望峰を経て、アフリカのモザンビークにたどり着いた先で食べた、辛い鶏のグリルがアフリカン・チキンの原型といわれています。

16世紀、ポルトガルはインドのゴアに拠点を築くと、船乗りたちは、そのアフリカ仕込みの鶏料理にさまざまなスパイスを付け加えた。さらにポルトガルはマラッカ王国(1402〜1511年)を征服。そこでは、鶏料理に特産のココナッツが加えられました。

やがてポルトガルは明王朝からマカオの居留権を獲得。ここで中国の調理技術と華南、広東料理と結びつき、アレンジされ、今に伝わっているんです!!

 

白ワインでも合いそうですけど、やはりビールですかね~♪

食欲そそるスパイシーなチキンローストで、スタミナUPしましょう。。。