カレンダー
最新の記事
カテゴリ
月別アーカイブ

日時:2019.03.13 (水)|カテゴリー:平下の雑談




みなさんこんにちは。

いやいやまさかの降雪で、春までは足踏みといったところでしょうか?

スプリングコートを着るにも、タイヤ交換も時期尚早なんでしょうね。

今日はこんな冷え込む日に、ピッタリの煮込み料理をご紹介なんです。

ナバラン.jpeg

『ラムスペアリブの柔らか煮込み ナバラン風』

ナバランとは、羊肉を炒め野菜とともに煮込んだ料理の事なんです。

この料理の由来には2つの説があるそうで、

1.ナヴァリノの回線に関わっている説

2.フランス語でnavetというカブという野菜が使われている説

 

カブはフランスでは比較的手に入れやすい食材のようで、羊肉の煮込み料理の付け合せとしてはよくあるそうです。

羊肉の方ではなく、付け合せの野菜名の方が料理名になっているのは不思議ですが、なんだか信憑性のある説ですよね~

 

本場フランスでは、ナバラン・プランタニエールという料理があるのご馳走として食されているようで、プランタニエールとは春野菜という意味で、ちょっと北海道では気が早いですけど一足先にある気分でいかがでしょうか♬